関智一(セキトモカズ) のチケット情報

お気に入り登録する
関智一
関 智一(せき ともかず、1972年9月8日 - )は、日本の声優、ナレーター、舞台俳優、歌手、漫画原作者である。アトミックモンキー所属。東京都江東区出身。日本芸術専門学校特別講師。(省略)

経歴
子供の頃、舞台や映画を見る機会が多く、役者になりたいという思いを持っていたが、顔出しの芸能人にはなれないと考え声優になろうと思い立った。後に今は違うとも語っている。

高校時代に普通高校に入学したが、それだけでは物足りないと思い養成所に通い始める。勝田声優学院、俳協ボイスアクターズスタジオで学んだ。

ラジオ「ユニゾン!」では、高校は五反田近辺、大学は志木近辺であったと語っている。

声優デビューは海外アニメ『レポーター・ブルース』(1991年)での農夫役の吹き替え。1993年、『機動戦士Vガンダム』のトマーシュ・マサリク役が初レギュラーとなる。

デビュー期から2000年までは東京俳優生活協同組合に所属していたが、現事務所の設立と同時に移籍した。

2005年に全面リニューアルされた『ドラえもん』にて、肝付兼太に代わり骨川スネ夫役に抜擢される。リニューアル前のドラえもん映画作品には2度脇役で出演した経験があり、その後肝付とは数回にわたって共演した。

2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第5位に選ばれる。

活動内容
少年役から青年役までさまざまな役をこなすほか、『機動武闘伝Gガンダム』のドモン・カッシュをはじめ、数々のヒーロー役を担当している。多くのヒーロー物における「雄叫び」「叫び声」や、高音と低音を利かせた演技もできるなど、シリアスからギャグまで役を網羅している。

2000年代は映画『犬夜叉 時代を越える想い』の瑪瑙丸以降、悪役を演じる機会も多くなっている。ナレーションとしての活動もあり、『アニメイト』の兄沢命斗では声だけでなく、本人が兄沢の衣装をコスプレして顔出し出演したこともある。

吹き替えではチャ・テヒョンを担当しており、持ち役となりつつある。また、『スーパー戦隊シリーズ』などの特撮作品においては、甲高い声を使った軽妙な悪役や冷酷な野心家を演じる機会が多い。共演作品では往年のヒーロー役を代演することも多いほか、『ネット版 仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦乙!〜
「関智一」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月20日(土) 01:36UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

関智一 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み