菊池洋子(キクチヨウコ) /p のチケット情報

お気に入り登録する
菊地洋子
(c)Marco Borggreve
菊池 洋子(きくち ようこ、1977年10月18日-)は、日本のクラシック音楽のピアニスト。

経歴
群馬県前橋市生まれ。桐朋女子高等学校卒業後、イタリアのイモラ音楽院へ留学。これまでにピアノを田中希代子、林秀光、フランコ・スカラの各氏に、フォルテピアノをステファノ・フィウッツィに師事。1997年、ミラノでソロ・リサイタルを開催したほか、ユベール・スダーン指揮シチリア交響楽団のコンサートツアーのソリストに抜擢された。2002年1月、第8回モーツァルト国際コンクールで日本人として初めて優勝。翌年2003年にザルツブルク音楽祭のモーツァルト・マチネに出演してモーツァルトのピアノ協奏曲第21番をアイヴォー・ボルトン指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団と共演。2006年にはオーケストラ・アンサンブル金沢のアジア・ツアーのソリストを務めた。以後、世界各地でのソロ・リサイタルを行うほか、日本国内主要オーケストラをはじめハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン交響楽団、南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団、フランツ・リスト室内管弦楽団、スロヴェニア放送交響楽団、上海交響楽団、香港シンフォニエッタ等と共演、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭やパレルモ音楽祭等からも招かれている。また近年はホルンのラデク・バボラークとのデュオでも活躍している。現在はオーストリアウィーン在住。

賞歴
* 2002年 第8回モーツァルト国際コンクール優勝
* 2007年 第17回出光音楽賞受賞
* 第18回ミュージック・ペンクラブ音楽賞受賞
* 第1回上毛芸術文化賞(音楽部門)受賞

ディスコグラフィー
* モーツァルト・アルバム(2005年8月)
* バラエティー/モーツァルト:ピアノと管楽のための五重奏曲(2006年9月)
* モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番(2006年11月)
* モーツァルト:ピアノ・ソナタ集 第1・12・17番(2009年1月)
* フレンチ・リサイタル 20世紀フランス近代ホルン&ピアノ作品集(2011年3月)―ラデク・バボラークとの共演
* ベートヴェン・コラボレーションズ(2011年9月))―ラデク・バボラークとの共演
* ロマンティック・アンコール(2013年5月)
*究極ベスト100◆モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番(2014
「菊池洋子」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月08日(木) 13:12UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 出張サマーミューザ@しんゆり 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    独奏者の成田さんも菊池さんも初めて聴きました。菊池さんの力強いピアノがとても良かったです。彼女の演奏をまた聴きに行きたいと思います。少し残念だったのは、神奈川フィルに細かいミスが多かったことです。

    フィデリオ
  • 出張サマーミューザ@しんゆり 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

    垣内悠希氏は成田達輝とは初めての共演でどんな音楽になるか心配のコメントを記していましたが、バイオリン協奏曲では垣内氏のアクションに呼応するようにバイオリンの音を浮かび上がらせるオーケストラで、成田氏ものびのびと演奏できたようだ。素晴らしい指揮者振りだった。聴衆は拍手の嵐で演奏を評価した。 垣内氏は菊地洋子氏との共演は何度もしているとのことで、二人の息の合った演奏は素晴らしかった。

    す~
  • 仲道郁代ピアノ・フェスティヴァル vol.2

    素敵なコンサートでした。とても楽しかったです。一部では、5人と2人の演奏者。 二部では、5人ずつの演奏者。でした。いいピアノといい演奏者。至福の時間でした。 面白いことに、周りの席の低学年らしい子供たちが、飽きたり退屈そうなのに、 演奏が始まりますと、前のめりになって、集中して聴いていました。 音楽って、すごい!

    三階席
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

菊池洋子 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み