村主章枝(スグリフミエ) のチケット情報

お気に入り登録する
村主 章枝(すぐり ふみえ、ラテン文字:Fumie Suguri、1980年12月31日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。

ソルトレイクシティオリンピック5位、トリノオリンピック4位。2003年GPファイナル優勝。2002年・2003年世界選手権連続3位、2006年世界選手権2位。四大陸選手権優勝3回。

人物
千葉県千葉市生まれ、横浜市鶴見区育ち。清泉小学校、清泉女学院中学高等学校、早稲田大学教育学部卒業。父は日本航空国際線パイロット、母は元客室乗務員。妹はプロスケーターの村主千香。村主家は18代続く旧家で、先祖は酒造職人だった。3歳から5歳までをアメリカのアラスカ州アンカレッジで過ごし、英語が堪能である。同地でスケートをはじめとするウィンタースポーツに親しんだことが競技生活の原点となった。演技後のキス・アンド・クライでは妹の村主千香に向かって「Chika! I love you!」と呼びかける姿が見られる。2007年6月まで日本オリンピック委員会選手強化キャンペーンのシンボルアスリート適用選手。

表現力の豊かさから「氷上の女優(アクトレス)」と称えられる。(省略)年現在、現役女子選手としては最年長の一人である。

スケーティングは軽やかでスピード感にあふれており、アップライトスピンは世界一の回転速度と称えられる。ジャンプではルッツやフリップといったトウ系のジャンプを得意とする。一方、ループやサルコウは苦手としている。体が硬く、ビールマンスピンは取り入れていないが、レイバックスピンのバリエーションでレベルを上げようと工夫している。

1学年年下で長年のライバルでもあった荒川静香とは、かつて「遠征先で相部屋になっても口を聞かない」仲で、お互いに相手を理解しがたいと感じていた。しかし、トリノオリンピック直前の日本代表合宿では、村主が苦手とするスピンについて荒川からアドバイスを受ける場面が見られ、メディアに「和解」が報じられた。

経歴
長野オリンピック前まで
6歳でスケートを始める。このときは勉強とスケートを両立させるため、1日1時間程度の練習しかしていなかった。小学生のころから競技会に出場しているが、村主本人曰く本格的に競技に取り組み始めたのは中学3年生からだという。1992年、小学6年生で全日本ジュニア選手権に初出場。1994年にはガル
「村主章枝」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2012年12月30日(日) 11:26UTC
公演レビュー
  • かながわフィギュアスケート・フェスティバル 2015

    奥さんの誕生日プレゼントで初アイススケートショーしました。 なにぶん初心者なもんで、横でキャーキャー興奮している奥さんを横目にわけもわからず初観戦。 会が進むうちに知らず手拍子している自分がいて、声をあげて熱狂している・・・ 大トリのプルシェンコの時には、鳥肌とそう立ちでした。 また行きまーす!

    てつみん
  • かながわフィギュアスケート・フェスティバル 2015

    神奈川の淵野辺に銀河アリーナというずいぶん壮大なスケールの名称のアイススケートリンクがあるとは知りませんでした。アイスショーですが神奈川の子供たちの夢をスケートというスポーツを通して紹介してあげたいという趣旨のようで、世界的に有名なスケーター達が子供たちに混じってショーとスケートへの夢をかたる心温まるスケートショーでした。 確かに小さな子供たちが彼らをまのあたりにして感動して将来あんな風になりたいと思ったら素晴らしいなあと思いました。 招待選手の中でもカロリーナコストナーの姿がみられたこと、ステファンランビエールの芸術性高いスケートをあんなに小規模の場所でみることができるなんて!駅からは少しアクセス悪くてもぜひみなさんに行って欲しいと思いました

    ふーじぇん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

村主章枝 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み