イキウメ のチケット情報

お気に入り登録する
イキウメは、日本の劇団。2003年に旗揚げ。主宰は劇作家・演出家の前川知大。俳優は浜田信也、安井順平、盛隆二、森下創、大窪人衛。『散歩する侵略者』『関数ドミノ』『聖地X』など、オリジナルのSFやオカルト、ホラー作品の創作と発表、公演活動を続ける。目に見えないものと人間との関わりや、日常の裏側にある世界からの人間の心理を描く。空間・時間をシームレスに編集する演出を特徴とする。2008年『表と裏と、その向こう』で、第16回読売演劇大賞優秀作品賞(イキウメ)、優秀演出家賞(前川知大)を受賞。2011年『太陽』で、第19回読売演劇大賞 大賞、最優秀演出家賞(前川知大)を受賞する。
2012年、『ミッション』『The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)』で、俳優の浜田信也が第47回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞する。
2013年から、イキウメの実験室「カタルシツ」を開始。ドストエフスキーの小説を翻案・演出した『地下室の手記』を上演し、第21回読売演劇大賞で俳優の安井順平が優秀男優賞、優秀演出家賞を前川、優秀作品賞を同年上演の『片鱗』(イキウメ)が受賞する。舞台を原作にして、2016年『太陽』(入江悠監督)、2017年『散歩する侵略者』(黒沢清監督)が映画化。映画『散歩する侵略者』は、第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品。スピンオフとして制作されたドラマ『予兆 散歩する侵略者』(黒沢清監督)は劇場版が公開され、第68回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門に出品される。イキウメは、2017年春に『天の敵』を東京・大阪で、秋に『散歩する侵略者』を東京・大阪・北九州で上演。両作品で、第52回紀伊國屋演劇賞団体賞を受賞する。2018年より、映画『散歩する侵略者』が25ヵ国で上映されている。

作・演出
*前川知大

俳優
*浜田信也
*安井順平
*盛 隆二
*森下 創
*大窪人衛

公演リスト(作・演出:前川知大)

#図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの(2018年5月15日~6月3日@東京芸術劇場シアターイースト、6月7日~6月10日@大阪・ABCホール)
#散歩する侵略者(2017年10月27日~11月19日@シアタートラム、11月23日~11月26日@大阪・ABCホール、12月3日@北九州芸術劇場中劇場)
#天の敵(2017年5月16日~6月4日@東
「イキウメ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年01月03日(木) 08:15UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 獣の柱

    観終わった後も、色々と想像を巡らしてしまう不思議な舞台でした。 初演は2013年だそうですが(短編上演は2008年)、私は初見です。 ある日、アマチュア天文家の二階堂望(浜田信也さん)は、村に落ちてきた隕石を拾います。 その隕石は、見る者に幸福感をもたらし、誰かからの刺激が無ければ、ずっと(死ぬまで)見続けてしまうほどです。 隕石を拾って一年後、その隕石と同じ力を持つ巨大な柱が、あちこちの都市に現れ始め……。 「ずっと見続けてしまう」ほどのモノと言ったら、現在では、やはり「スマホ」を思ってしまいます(幸福感とは違いますが)。 帰りの電車の中、スマホに夢中になっている大勢の人を見て、ちょっとゾッとしました。 でも、短編上演は2008年なので、まだスマホが一般に広まる前。 とすれば、スマホだけでなく、人を虜にする(依存性のある)あらゆるモノと考えた方がいいのかもしれません。 柱が人口密度の高いところに現れることから、それはエンターテインメントのような娯楽(その中にはグルメも)や危ない薬の類であったり、便利なテクノロジーやサービスである可能性もあります。 また、キリスト教の「黙示録のラッパ」の話が出てくるので、宗教的なモノとも考えられます。 劇では、柱が現れて50年後の世界も描かれています。 結局、誰が(宇宙人?)、何の目的で柱を出現させたのか謎は解けないままですが(他にもいろいろ謎の部分はあります)、それが却って、こちらの想像力を掻き立てられ、終わった後にモヤモヤとは違う奇妙な余韻を残してくれました。 タイトルが「獣」となっているところも、未だに引っかかっています(笑)。

    touch
  • イキウメ

    イキウメ「図書館的人生 Vol.4 襲ってくるもの」観る。 イキウメの図書館的シリーズはあるテーマに沿った短編数編が展開されるオムニバス。今回は「思い出に”襲われる”」という言い方があるように、感情、記憶、思い出、衝動といった「意識の中の魔物」がテーマ。さりげない日常の冒頭からすとんと非日常へと転換するやり方が本当にうまい。3つの物語はそれぞれ独立しているんだけど、微妙につながっていて、最後に円環するのもうまい。人間の意識、知覚の問題を練り上げられた脚本、精緻な演出、洗練された装置・照明・音響で描き、個々の役者が充実してアンサンブルも絶妙で、うまいなぁと唸る。ほんとに面白かった。 劇団員は男優ばかり5人になってしまったけど、安井順平の安定、浜田信也の繊細さ、盛隆二の普通を表現するバランス、森下創の不穏な感じ、大窪人衛の脆さとキレ、この充実ぶりはすごい。客演田村健太郎、イキウメとはカラーが違うんじゃないの?と思っていたのだけど、意外にフィット。千葉雅子が締める。人間の意識とは、肉体とは、なんて観終わったあともぞわぞわ考えさせられる。楽しくて刺激的な作品だった。

    ちま
  • 図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの

    「図書館的人生」を観るのは初めてです。 久しぶりにオムニバスの舞台を観ました。 3つの物語から構成されており、チラシを見ると、   意識の中の魔物、「感情、衝動、思い出」についての短編集 とあります。 1つめは2036年を舞台にした『箱詰めの男』。 かなり笑いどころも多く、ちょっとシュールな話です。 2つめは2006年が設定の『ミッション』。 最初の話とは違って、不穏な内容です。 大窪人衛さんの醸し出す独特の雰囲気が、とっても不気味です。 最後は、2001年の話で『あやつり人間』。 SFやオカルト色が少なく、ちょっとしんみりしてしまいました。 3つの話は、それぞれ独立していますが、リレーのバトンを渡すように、エピソードが少しずつオーバーラップして、ゆるやかに繋がっていきます。 「笑い」、「ドキドキ」、「しんみり」とこちらの感情が揺さぶられる舞台でした。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

イキウメ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み