IMPELLITTERI(インペリテリ) のチケット情報

お気に入り登録する
インペリテリ (Impellitteri) は、アメリカのヘヴィメタルバンド。1987年にギタリストのクリス・インペリテリによって結成された。

来歴
1987年、クリス・インペリテリがロブ・ロックと共に結成し、EP『インペリテリ』を発表。しかしバンドの名を世間に知らしめたのは、翌1988年にグラハム・ボネットを迎えて発表した『スタンド・イン・ライン』であった。その後はロブをボーカルとして順調に活動を続けていたが、2002年には再びグラハムをボーカルに迎えた『システムX』を発表し、話題となった。2003年以降は、従来の音楽性がアメリカで支持を得られないことなどを理由にロブと袂を分かち、若手ボーカリストのカーティス・スケルトンを起用してよりヘヴィな音楽性を模索している。2008年結局カーティス・スケルトンが脱退し、かねてからWeb上にて「サプライズニュースがある」と告知していたリードシンガーの席だが、ロブ・ロック復帰という「サプライズ」というより「自然な形」となった。

音楽性
(省略)
(省略)
イングヴェイ・マルムスティーンのクローンと揶揄されるほど技巧的なクリスのギタープレイと、グラハムやロブによる力強いハイトーンボーカル、クイーンを彷彿とさせるようなコーラスハーモニーを中心とするネオクラシカルメタルで有名である。しかし実際はクリスの奏法はイングヴェイとはかなり異なり、エコノミーピッキングを極力避けたフルオルタネイトピッキングが特徴である。特に複雑な多弦アルペジオでも肘の関節を正確かつ大きく使いオルタネイトピッキングにパワーを付加している点は他のギタリストにはあまり見られない。それゆえ肘にばかり目が行くが、実はピッキング時の親指の曲げ具合の変化など細かな点まで気を使っている。

デビューして間もなくアメリカのメタルシーンは冬の時代へと突入し、こうした音楽性は古臭く無意味なものであるとする風潮が強まったため、1992年の『グリン・アンド・ベアー・イット』ではモダン・ヘヴィネスへの接近を見せた。ところが今度はファンから失望の声が上がり、結局それ以降90年代は従来のネオクラシカルメタルに徹することとなった(本人も言及しているが、クリスはほとんど全ての音楽を弾くことができるが、商業的理由(固定ファン層からの反発など)から音楽性、テクニックの多くを封印している)。当然アメ
「インペリテリ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月18日(月) 10:20UTC
公式サイト
公演レビュー
  • インペリテリ

    久々のインペリテリのライブ最高でした。やっぱりライブハウスはいいですね。 アーティストと直接目があって、一体感を感じる事が出来ました。 ロブのボーカルは健在ですが、やっぱりちょっと年齢を感じる所がありました。 そして勿論クリスのギターは言うまでもなく圧巻。 リズム隊の音も、体に響く超低音で心地よかったです。 ライブハウス特有の後遺症で、耳がキンキンしますが、本当に行って良かったと思いました。 オンエアイーストのドリンク代別というシステムが面倒くさいですね。チケットと一緒にして欲しい。

    タカゾー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

IMPELLITTERI のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み