米村でんじろう(ヨネムラデンジロウ) のチケット情報

お気に入り登録する
米村でんじろう
米村 でんじろう(よねむら でんじろう、1955年(昭和30年)2月15日 - )、米村 傳治郎、米村 伝治郎は、日本のサイエンスプロデューサーである(省略)。サイエンスショーの企画、演出、書籍の監修、テレビ番組の出演や監修、実験装置の開発などを手がける。元都立高校の物理教師でもある。

来歴
生い立ち
千葉県市原郡加茂村に、4人兄弟の末っ子として生まれる(省略)。家は兼業農家であった(省略)。

1973年、千葉県立市原高等学校を卒業する(省略)。高校3年生の時に、父親が職場の工場で事故死したこともあって、授業料の安い国立大学を志望して受験したが、失敗した(省略)。浪人生活2年目、母親が見かねて「働いてみたらどうか」と勧め、6月から8月まで工場で40代から50代の労働者たちにまざって働いた(省略)。また9月から予備校に通うが、講義についていけずにやめた(省略)。3年目、母親に頼るのがつらくなり、新聞奨学生の募集を見て、面接を受けたが断られたこともあった(省略)。牛乳配達のアルバイトをしながら(省略)、3年目の宅浪をつづけ、1976年に東京学芸大学理科B類(物理)に合格、入学した(省略)。しかし、大学の講義でもしばしば単位を落とした(省略)。所属した研究室で当時は目新しかったパソコン用の理科教育ソフト作成を行い、この時、指導教官から賞賛をうけた(省略)。米村は、「先生から褒められたのは人生で初めて。段階を踏んでやればできると自信がうまれた」と回想している(省略)。

「社会に出て働きたくない」という理由で、東京学芸大学大学院(理科教育専攻)に進学した(省略)。大学院で知り合った女性と卒業後の1982年に結婚し、米村姓を名乗る(省略)。卒業後は研究職につくことを希望し、他大学の博士課程や公務員試験を受けたが落ちたため、研究生として東京学芸大学に残る道を選んだ(省略)。教授の紹介で、自由学園の講師を務める(省略)。自由学園では、「教科書にとらわれず、思い通りに授業してもらって結構です」とアドバイスを受け、林で拾った木の枝からつくった炭とアルミ缶を使った「木炭電池」(後述)を生徒に披露するなど、実験重視の授業に取り組んだ(省略)。

都立高校教師時代
自由学園で教師の面白さを知り、1984年に東京都教員採用試験を受け合格した(省略)。1985年度(昭和60年度)より、東京
「米村でんじろう」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年03月17日(日) 13:53UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 米村でんじろう おもしろサイエンスショー in渋谷

    7歳の娘と4歳の息子を連れて行きました。1時間20分のショー、途中休憩がないにもかかわらず、子供たちは最初から最後まで目をキラキラさせて食い入るようにショーを観ていました!科学の難しい部分は分からなくてもいい、とにかく楽しい、面白いと思うこと、これが後々の勉強につながる、役立つとでんじろう先生がおっしゃったのですが、本当にそうだと思えるショーでした。家に着くまで、子供たちは代わる代わる先ほど目にしたショーでの発見や自分なりの考え(感想)を話してくれました。観ているだけではなく、参加している感じが味わえるショーでもあって、大人も子供も楽しめました!

    るりびたき
  • 米村でんじろう おもしろサイエンスショー in渋谷

    早めの申し込みで一列目の真ん中あたりのチケットが取れ、迫力のある実験ステージを参加観賞できました。息子を含め周りの子供も終始興奮状態であっという間の一時間半。次回も都内近郊で開催があれば必ず申し込みたいと思っています。合間のコント仕立ての実験も子供達には大ウケでした。また、クイズの景品が豊富で、でんじろう先生の直筆絵入りサイン色紙のプレゼントがあっなたのがいいですね。

    アロ~ハ
  • 米村でんじろう おもしろサイエンスショー

    子供にとって実験は興味深くて、楽しく教えてくれるので、また行きたい!とすぐ言うくらい毎回楽しみにしています。

    suika
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

米村でんじろう のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み