清塚信也(キヨヅカシンヤ) のチケット情報

お気に入り登録する
清塚信也
清塚 信也(きよづか しんや、1982年11月13日 - )は、日本のピアニスト。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属、レーベルはユニバーサルミュージック。

経歴
* 1982年、生誕。日本人の父、韓国人の母をもつ。
* 1998年、東京交響楽団との共演でデビュー。
* 2000年、第1回ショパン国際コンクールin ASIAで1位となる。
* 2001年、桐朋学園大学付属ソリストディプロマコースに入学。
* 2004年、日本イタリア協会第1回イタリアピアノコンコルソボローニャ部門でボローニャ賞の次の金賞受賞者の一人となる。
* 2005年、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位。
* 2006年、ザイラー国際ピアノコンクールで3位。
* 2007年公開の映画『神童』で、ワオ(演:松山ケンイチ)のピアノ演奏シーンの吹き替え担当。
* 同年、さいたまスーパーアリーナにて、『BYJクラシックス』金聖響指揮/東京フィルハーモニー交響楽団と共演。
* 2007年12月にワーナーミュージック・ジャパンから3枚目のアルバムで自身初のクラシックアルバム「熱情」を発売。
* 2010年のNHK大河ドラマ龍馬伝では、第2部から龍馬伝紀行のBGMとして龍馬伝の主題曲をピアノで演奏。
* 2012年に女優の乙黒えりと結婚。
* 2013年に公開の映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役で俳優デビュー。
* 2019年8月16日に日本人男性クラシックピアニスト初の日本武道館公演を予定

人物
両親が音楽好きで特にクラシック音楽は家の中でよく流れていた。清塚は5歳でピアノを始め、2歳上の姉が桐朋学園の「子供のための音楽教室」へ通うことになり、まだ小さかった清塚は留守番ができないためレッスンはしないが連れられて行き、姉を見ていた。そうしていくうちに音楽感覚が養われ、レッスンや練習は嫌いながら7歳で自分も通うことになる。

将来は野球選手にになること夢見て運動したり、小学6年生からプロのピアニストになることを考えたが中学生になってから受けたコンクールで予選落ち、今までの頑張りが全てなしになったことでこのままでは負け犬になってしまう思い、練習を1日のうち半日は費やすようになり、練習時間のために学校を早退したり練習していないと不安だったがそんな頃に出会った指導者から自分を全否定
「清塚信也」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月02日(日) 10:24UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 清塚信也(p)

     クラシック音楽を聴いたことがない人でも、クラシック音楽の楽しみ方ををわかりやすく話してくれました。彼のピアノと人を引き付ける話術は最高でした。「滑走路・・・」今まで全く気付かなかった表現でした。誰もが楽しめる、笑いと感動と涙のコンサートでした。

    YUN
  • 清塚信也

    小学校1年生の孫と行きました。清塚さんの楽しいトークとパフォーマンスに、私たちは釘付け!ピアノを習っている孫は、帰ってからママに、こうやってたのって、一生懸命真似して説明していました。特に、ベートーベンの「運命」のさわりが気に入ったようです。また行きたいと言っています。

    らん&たっくん
  • 佐藤竹善 Presents Cross your fingers 21

    今年で21回目のCross your Fingers 10回目位からほぼ毎年、参加している。ゲストが楽しみで今回もおなじみの塩谷哲、大儀見元も参加していた。今回のゲストでは清塚信也、半崎美子、南理沙、Sinonが初お目見え。塩谷哲のパワフルなラテン系のピアノとクラッシック系の清塚信也のコラボは同じピアノでもこれほど音色も雰囲気も変わることの面白さを体感できた。南理沙のクロマッチクハーモニカ奏者、Sinonの天真爛漫さ、半崎美子の心に響く歌声、Kも飛び入り参加、藤井フミヤは長男がお気に入りの歌手、フミヤ節炸裂。炸裂と言えば馬場俊英もう竹善ファミリーだね。大儀見元が少し痩せて見えたんだが相変わらずパワフルで安心した。塩谷哲のパワフル演奏も全開で竹善とのMCも健在で満喫できた。

    ももっちょ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

清塚信也 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み