飯塚昌明(イイヅカマサアキ) のチケット情報

お気に入り登録する
飯塚 昌明(いいづか まさあき、1967年2月22日 - )は、日本のミュージシャン、作曲家、編曲家、ギタリスト。新潟県十日町市出身。既婚者。新潟県立十日町高等学校、ミューズ音楽院を卒業している。

概要
人物
ユニット「雷蔵」「esq」「ウクレレカフェカルテット」や、バンド「F.E.N.」「BASXI」「六三四Musashi」「BLOODY RUBY」などのメンバーである。また長年つのだ☆ひろのサポートを務めており、バックバンドでギターを担当している。従兄の影響で実兄とともに小学校中学年の頃からギターを弾き始める。高学年のときにHR/HMバンド「KISS」と出会い、以来ギタリストへの道を歩み始める(本人曰く「大きくなったらKISSの人になりたい」と本気で思った)。

専門学校卒業後にスタジオミュージシャンを志し21歳で矢島賢のアシスタントのオファーを受け、その後オーディションを経てあがた森魚のバックミュージシャンを務めキーボードメンバーの勧めで作曲を開始。

基本的に嫌いなギタリストはおらず、様々なジャンルのギタリストの演奏を幅広く聴いている。影響を受けたギタリストはエース・フレーリー、ランディ・ローズ、リッチー・ブラックモア、ゲイリー・ムーア、マイケル・シェンカー、ジョン・サイクス、イングヴェイ・マルムスティーン、高崎晃など。特にランディ・ローズは「見た目も音も大好きだった」(本人談)らしい。

アマチュア時代は作曲・編曲をほとんどしたことがない。初めて本格的に作曲をしたのはプロミュージシャンになってから、知り合いに勧められアニメソングのコンペに出品した作品。その後その曲が「3×3 EYES」の主題歌となった。

木目のギター(ESP HORIZON-II CLASSIC)を長く愛用しており、かつてはPV・ライブ・イベントなどでよく使用していた。

ギターのほか楽曲製作のためにベースやドラム、キーボード、ウクレレなどを演奏することもある。キーボードは主にDTMで打ち込み作業の際片手で弾く、またはテンポを下げてゆっくりと弾く程度の腕であったが、GRANRODEO(後述)の初の武道館公演では初めて人前でピアノによる生演奏を披露した。

アンプの音にとても敏感で、レコーディングやリハーサルの際にも常に気にしており、また楽器屋に赴き様々な機種を試奏している。近年ライブD
「飯塚昌明」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年03月20日(水) 11:50UTC
公式サイト
公演レビュー

全0件を見る

まだレビューがありません レビューを投稿する

amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

飯塚昌明 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み