カマタマーレ讃岐(カマタマーレサヌキ) /J3 のチケット情報

お気に入り登録する
カマタマーレ讃岐
カマタマーレ讃岐(カマタマーレさぬき、(省略))は、日本の高松市、丸亀市を中心とする香川県全県をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブである。

概要
1956年(昭和31年)に香川県立高松商業高等学校サッカー部出身選手により結成された高商OBサッカークラブが前身。クラブ愛称の「カマタマーレ」(Kamatamare)は釜玉うどんとイタリア語で海を意味する「マーレ (Mare)」を合わせた造語 で、讃岐は香川県の旧国名でもある。エンブレムは、黄と水色の縞模様の上にうどん、中央には卵の黄身をイメージしたサッカーボールがあしらわれている。運営母体は株式会社カマタマーレ讃岐、マスコットはさぬぴーである。

ホームスタジアムはPikaraスタジアム、練習場は、Jリーグ公式サイトでは高松市立東部運動公園、丸亀市総合運動公園陸上競技場、香川県総合運動公園サッカー・ラグビー場(高松市)の3箇所が挙げられているが、2019年からは緑ケ丘総合運動公園サッカー場(三豊市)を練習場に加えており、将来的には緑ケ丘総合運動公園サッカー場を整備して同サッカー場を優先的に使用する練習場とする計画がある(詳細はスタジアム・練習場の節を参照)。

関連組織として非営利団体の総合型地域スポーツクラブ「NPOカマタマーレスポーツクラブ」があり、主にソフトテニスを中心に、スポーツ教室、スポーツ大会を開催し、公的助成を受けている。

歴史
前史
* 1956年 - 高商OBサッカークラブとして創設
* 1977年 - 第1回四国サッカーリーグに参加
* 1979年 - 香川県サッカーリーグに降格
* 1981年 - 四国リーグに昇格
* 1991年 - 第48回国民体育大会の県指定強化チームとなり、(省略)フットボールクラブに改称。紫雲とは高松市内にある石清尾山塊の山の名前である。
* 1994年 - 四国リーグで初優勝。
* 1996年 - 天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場。
* 1997年 - 四国リーグで2回目の優勝。
* 2000年 - 消費者金融のサンライフ(本社:高松市(当時))と5年間のスポンサー契約を結びサンライフフットボールクラブに改称。
* 2005年 - 3月でサンライフとのスポンサー契約終了。また、2006年4月より使用する新チーム名を公募し
「カマタマーレ讃岐」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月15日(木) 08:44UTC
公式サイト
公演レビュー
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

カマタマーレ讃岐 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み