ウィーン国立歌劇場(ウィーンコクリツカゲキジョウ, WIENER STAATSOPER) のチケット情報

お気に入り登録する
ウィーン国立歌劇場
photo:Wiener Staatsoper / Michael Pohn
ウィーン国立歌劇場(ウィーンこくりつかげきじょう、(省略) ヴィーナー シュターツオーパー、ドイツ語の原音から「ヴィーン〜」とも)は、オーストリアのウィーンにある歌劇場。1920年まではウィーン帝立・王立宮廷歌劇場(k.k. Hof-Operntheater–Neues Haus)と呼ばれていた。レパートリーシステムをとる。

概要
ウィーンはドイツから北イタリアを支配していたハプスブルク君主国の首都であったため、ドイツ・オペラのみならずイタリア・オペラにとっても中心的存在であった。その帝都の威信をかけて発足した歌劇場であり、精力的な上演活動によってたちまち世界のオペラをリードする位置にのぼり、現在に至っている。ただし、モーツァルトの時代には間に合わず、その後のドイツオペラをリードしたヴァーグナーやリヒャルト・シュトラウスの初演拠点にもならなかったこともあり、有名作品の初演歴という点ではドレスデンやミュンヘンに一歩を譲っている。

専属オーケストラであるウィーン国立歌劇場管弦楽団が、世界でも一、二の人気を争う(英「グラモフォン」誌や日本「レコード芸術」誌のオーケストラ・ランキングでは常に3位以上を維持、歌劇場管弦楽団を兼ねる団体でこの位置に入った例は他に無い)オーケストラであるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の母体である。

歴代の総監督には作曲家であるリヒャルト・シュトラウスやグスタフ・マーラーも就任している。その他の総監督もその時代を代表する指揮者である。ヨハン・シュトラウス2世も指揮している。

ドイツオペラとイタリアオペラの両方をカバーするという点では、逆の立場(オーストリアの支配を受けていた)にあったミラノのスカラ座にも同様の性格はあるが、古くからイタリア人スター歌手も多く専属化するなど、ウィーンの国際性は一段と徹底している。

歌劇場収容人員2280人。オペラシーズン9月~翌年6月。オペラシーズンの観客動員数約60万人。衣装ストック18万点。

1999年の民営化で、合唱団が有限会社(GmbH)になり、装置、小道具、衣装、入場券販売など裏方部門は「アート・フォア・アート」という名称の独立機関の有限会社(GmbH)になった。各会社は売上を上げるため宣伝活動や寄付、スポンサーの獲得に力を注ぎ、オペラグッズの売出し、切符を色刷り、自国・他国の劇場の注文を広く
「ウィーン国立歌劇場」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年11月14日(水) 16:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ウィーン国立歌劇場

    ワーグナーが好きで、特にワルキューレは何度も見ています。 2週間前にも新国立劇場で見たばかり。 「指輪」は人間関係(神様関係?」が複雑で、最初は感情の起伏がよく理解できませんでした。 神々の中のあるじであるヴォータンがなぜそんなに不自由を嘆くのか、 父の心を慮って行動したはずのブリュンヒルデがなぜそれほどの罰を受けなければならないのか、 フリッカがなぜそんなに厳しいのか。 5回くらい見てやっと少しずつわかってあげられるようにもなりましたし、 歌手も楽団もとにかく表現力が素晴らしかったです。 音楽がこんなにも雄弁なのか、改めて思い知らされました。 トマス・コニエチュニーの表情豊かな声、 ワルキューレの主役が昨夜はヴォータンでした。 愛する娘に「神」として罰を与えなければならない「立場」と 二度と会えなくなる苦しみに身悶える「父」としての「絶唱」 素晴らしかったです。第三幕は泣きっぱなしでした。 何度も聞いている曲なのに、こんなに叙情的だったかと耳を疑うほど 感情が怒涛のように押し寄せてくる演奏も素晴らしかったです。 だいぶチケット代が高く、最後まで悩んでいましたが これは、見せていただいて正解。 今夜の感激は生涯の宝物です。 映画もテレビドラマもなかった時代に生み出されたエンタメが 今こんなにも初々しくて芳醇でダイナミック。 多くの人に知ってほしいです。

    mico
  • ウィーン国立歌劇場〈E・F券〉

    ステファン・グールドの歌声は素晴らしかったです。ダニエラ・ファリーの演技も歌唱力も素晴らしかったです。ただ、演出や舞台装置、衣装にはがっかりしました。世界に冠たるウィーン国立歌劇場の演技を楽しみにしていましたが、満足のいく公演ではなかったといわざるを得ません。

    アラ
  • ウィーン国立歌劇場〈E・F券〉

    最高の舞台でした。 グルベローヴァ、これで日本は終わりなんですよね、なんとも勿体無いし、悲しいです。 あの年齢とは思えない美しい声、そしてキャリアが作り出す歌。惚れ惚れしました。 ソニア・ガナッシも今回楽しみでしたが、いいですね! 最高の夜を満喫でしました。 あー、また聴きたい。 素晴らしい舞台だった事は、あのカーテンコールが物語っています。

    音楽好き
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ウィーン国立歌劇場 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み