深作健太(フカサクケンタ) のチケット情報

お気に入り登録する
深作 健太(ふかさく けんた、1972年9月15日 - )は、日本の映画監督・演出家・脚本家。東京都出身。父は映画監督の深作欣二、母は女優の中原早苗、祖父(早苗の父)は俳優の藤尾純。成城大学文芸学部卒業。名前の由来は中原によると、高倉健と今井健二が名付け親で健は高倉健、太は菅原文太から取った。

人物
5歳の時、父・欣二に連れられ、映画『柳生一族の陰謀』、『宇宙からのメッセージ』が撮影されていた東映京都撮影所へ行った。欣二を慕う役者たちの存在は父への尊敬を膨らまし、「ケン坊、これ終わったら次は宇宙人の役やでえ」と声かけられ、「何とおもしろい世界だろうか」と思っていた。幼い頃から遊んでくれた千葉真一や真田広之がスクリーンの中で輝いていたことに感動し、ふだんの姿と役柄の違いを「裏側から楽しむ」ようになり、映画に惹かれていく。

大学卒業後、清掃会社に就職。その後、フリーの助監督として東映テレビ・プロダクションで戦隊シリーズ、映画『身も心も』(97)、『時雨の記』(98)、「おもちゃ』(98)などの作品につく。

脚本、プロデュースを担当していた『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』の撮影開始直後に監督である父の欣二が入院、翌2003年初頭に死去したため、その後の監督を引き継ぎ完成させた。そのため実質的に『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』が深作健太作品となり、監督第1作となる。

早稲田大学教授の石原千秋は、成城大学勤務時代の教え子だった深作について、「彼は横光利一『上海』に色を感じると書いて、レポートに24色の色鉛筆を駆使した奇妙な物語展開図を付表として付けてきた。さっぱりわからなかったので、敬意を払って90点を付けた。翌年の卒業論文は「悦(よろこ)びの王権」と題する谷崎潤一郎『細雪』論だった。副査の教員が「修士論文でも十分通用する」と感嘆したほどの出来だった。僕は教員として「わからないものにはとりあえず1票」という姿勢を採ることにしている。」と述べている。

近年では演劇やオペラ、テレビドラマの演出にも、活動の場を広げている。

受賞
* 『バトル・ロワイアル』 第24回日本アカデミー賞優秀脚本賞、第20回藤本賞新人賞受賞
* 『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』 第58回毎日映画コンクール脚本賞受賞

主な作品
映画
* 時雨の記(1998年11月14日、監督
「深作健太」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年12月29日(土) 03:47UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 舞台「暗くなるまで待って」

    去年、この舞台に興味を持った自分に、お礼を言いたい。あんなに面白くて怖い話だとは思わなかった。一番凄いのは、ヒロインのスージーが反撃に出ること。アンモニアとオリーブオイルでそんなことができるんですかぁ~と、びっくりしてしまいました!!1960年代の主婦って、そんなことを普通に知っていたんでしょうか?冷蔵庫を照明にするロートも驚きで、これだけの悪党になるには相当な修羅場を生き抜いて来たんだろうなと、納得させられました。変装というより別人に成りきれる演技力も恐ろしい、というか、これは演じている加藤さんが素晴らしいです。それを見抜く、盲目のスージーがまた素晴らしい! スージーの夫のサムには謝りたいです。原作を全く知らないので、実は妻が嫌いになっていて、悪党グループと組んで・・・なんて、チラッと考えていました。アパートの部屋の入り口は結構な階段で、キッチンには段差がある。わざと住みにくくしているんじゃないか?ごめんなさい。一見、男の子みたいなお手伝い少女グローリアにも謝らなきゃ!本当に性格が悪いだけの子で、スージーを不安定にさせる困ったちゃん、これもサムの嫌がらせか?なんて考えました。ごめんね。子役ちゃんかと思った黒澤さん、17歳て微妙な年齢ですね。もっと何度も観たいのに、都合が悪くて行けないのが残念でなりません。再演して欲しい!!

    kyuko
  • 舞台「暗くなるまで待って」

    2009年、東京グローブ座で朝海ひかる主演versionを見たのに、だいぶ忘れていた…。こんな展開だったんだ…と改めて余韻に浸っています。 ヘプバーンの映画で有名になった、目の見えないヒロインが、自室でギャングと戦うストーリー。舞台は1960年代ロンドンの、半地下アパートの一室。日本初演から、朝倉摂の舞台美術を踏襲しているとか。 前半、ある人形を奪うために現れた詐欺師マイク(高橋)やクローカー(猪塚)が、スージー(凰稀)を騙そうと作り芝居を凝らし、後半は不審に思ったスージーがグローリア(黒澤)の協力のもと、明かりを消して迎え撃つ。 主犯格の冷酷残忍なロート(加藤)とスージーの’暗闇の戦い‘…。声と音だけの20分間、何が起きているのか…客席も耳をすませ、神経を集中させて、見えない舞台上を凝視してしまう。その緊張感!! サム(松田)が駆けつけるまでスージーはよく頑張った…!! 凰稀さんだから、ヘプバーンよりは強いかな?!…なんて考えつつ…。 終演後、アフタートークがありました。 猪塚「全体かみ合ってきた。(自分だけが)頬張るパンが、そのシーンまでにパサパサになっていて大変…」 松田「毎回舞台が変わってる。最後の出番にテンションを上げるため、裏で密かに走ったりしてる…」 高橋「回ごとに進化している。お客さんも咳とか我慢されてます?!」 凰稀「客席の空気も張りつめている。スージーと同じ気持ちで見てもらえたら…」 加藤「もう濃過ぎて、まだ5回しかやってないのか…という感じ。毎回体当たりなので、ラストとんでもない所に鍵の箱が落ちてたりして…」 心地よい疲労感、ありがとうございました!

    ミーコママ
  • 東京二期会オペラ劇場「ローエングリン」

    上演時間の長いオペラでしたが、オーケストラ、合唱、歌手との調和もよく、飽きることなくオペラを楽しませていただきありがとうございました。

    BECHA
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

深作健太 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み