峯岸みなみ(ミネギシミナミ) のチケット情報

お気に入り登録する
峯岸 みなみ(みねぎし みなみ、1992年11月15日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである。東京都板橋区高島平出身。プロダクション尾木(業務提携:Mama&Son)所属。

略歴
2002年
* 3月、小学生時代に『ハロー!プロジェクト・キッズ オーディション』に応募したが落選。
2005年
* 10月30日、『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。偶然オーディション雑誌で見かけた「秋葉原48プロジェクト」募集告知に掲載されていた秋元康の写真を見た両親が「凄い人だよ」と言ったのが応募のきっかけ。
2007年

2008年
* 8月、『キャットストリート』でテレビドラマ初レギュラー出演。
* 9月、小嶋陽菜・高橋みなみと共にユニット「ノースリーブス」を結成することが発表された。
* 10月、ドラマ『メン☆ドル 〜イケメンアイドル〜』でノースリーブスの一員としてドラマ初主演。
2009年
* 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル 選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』において16位となり、シングル選抜入りを果たした。
2010年
* 3月12日、『チームK 6th Stage「RESET」』公演初日よりチームKのメンバーとして活動開始(5月27日の『チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」』公演千秋楽まで旧チームAと兼任)。
* 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』において14位となり、シングル選抜入りを果たした。
* 8月3日、横浜BLITZにて開催されたノースリーブスの5thシングル「君しか」発売記念イベントにて、イベントの数日前まで入院していた高橋みなみの代役として、新作の落語『鴨とり』を披露した。指導を受けた春風亭小朝より「春風あさみ」という高座名をもらって臨んだ。
2011年
* 5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル 選抜総選挙「今年もガチです」』において15位となり、シングル選抜入りを果たした。
* 9月20日に開催された『AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会』では3位で、選抜入りを果たす。
2012年
* 5月から6月にか
「峯岸みなみ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月02日(日) 13:39UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「ミュージカル ふたり阿国」

    正直余り面白くなかったです。北翔海莉さんと他数名の方の歌とお芝居がとても良かったです。

    ねこのももちゃん
  • 「三文オペラ」

    何が起きるのか、予想がつかないドキドキの舞台でした。 チラシにもあった「KAAT滅亡」の言葉通り、ステージは乞食たちの城となっています。 センターから客席中央まで花道が伸びており、上手と下手にはP席(乞食商会の社員として舞台に参加する観客の席)が設けられています。 このセットを見ただけで、何だかワクワクします。 『三文オペラ』は、あの有名な曲『マック・ザ・ナイフ』くらいしか知りませんでしたが、各場の最初に、これから始まる場のあらすじが、電光掲示板に表示されるので、置いてけぼりになることはありませんでした。 歌は20曲くらいあったのですが、(私が)初めて耳にする曲ばかりだったからでしょうか、メロディアスな曲は少なかったように感じました。 また、松岡充さん、貴城けいさん以外は、歌唱力的にもちょっと……(笑)。 これも、「オペラ」とか「ミュージカル」といった先入観が強すぎたからかもしれません。 でも、芝居は、とことん楽しかったです。 破茶滅茶なストーリーの中に、富裕層への皮肉や批判が盛り込まれ、「労働者を安い賃金でこき使い、生殺しにする大企業と、ナイフで一息に殺す小悪党、どちらが罪でしょうか?」とか「金のある者の横暴を見過ごして、なぜ金のない者の些細な盗みを罰するのでしょうか?」といったメッキー・メッサーのセリフは、心に残りました。

    touch
  • 「三文オペラ」

    衝撃的だった。 KAATを出て、身も凍るほどの寒さの中日本大通り駅まで歩く道のり、心の中がぐるんぐるん掻き回されるような感覚。 とても不思議で、あれはなんだったんだ、さっきまで見ていたあれはなんだったんだろうって、すごくいろんな事を考えた。 そんな演出あり!?そこ、そんな風にくる!?え、そういう展開!? って、どんどんどんどん先へ進んでいってしまう。置いていかれないように、乗り遅れないように、舞台の上で生きている彼らに必死についていく、そんな感覚。 あえて、事前に何も情報を入れずに観劇しました。恥ずかしながら原作も、今まで上演された経緯も、何も知りません。 だからこそ、真っさらな状態で観たわたしには、本当に衝撃的で。 ストーリーやお芝居の考察はしません。そんなものは公式サイト見てもらえればいいし、実際に観劇したらわかる。 そんなことより、私はこの舞台、挑戦だなあ、と思った。というか、舞台に立つ事を目指す若者がいたら、絶対観てほしい。面白い。ワクワクする。 S席に空きがあるの、私、なんか勝手に悔しかったですよ。 お芝居って、舞台って、生のモノだから。 あの空間に一緒にいられることが全てだと思ってるから。 まだ間に合うよ。間に合う。

    ゆうさん☂
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

峯岸みなみ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み