「命売ります」 のチケット情報


これが三島由紀夫!? 三島由紀夫作品のイメージを覆す、POPでシニカルなエンターテイメント小説を舞台化!

  • 「命売ります」
  • 命売ります
  • 命売ります
  • 命売ります

公演について

「プレイボーイ」で連載されていたことがうなずける、軽妙な世界感。

先の読めないサスペンスであり、主人公羽仁男が思わぬ展開に巻き込まれるコメディでもある。

そしていつの間にか突きつけられる、「死ぬこと」「生きること」。

「命」という重厚なテーマを、スピーディーな展開でユーモアたっぷりに描いた傑作をノゾエ征爾演出で上演。


見どころ1:

主人公羽仁男の命を、吸血鬼である母のために買いに来た少年薫。

一緒に過ごすうちに、親子のような関係に。

全編を通じて不思議な信頼関係を築く、美青年二人

(東啓介/「刀剣乱舞」ほか出演。上村海成/NHK「半分、青い」ほか出演)

に注目。


見どころ2:

羽仁男が関わる4人の美女たち。

それぞれとの異なる「愛」の形はある意味ロマンチック?!

一風変わった4つのラブストーリーが展開する。


見どころ3:

命を「買い」に来る、一筋縄ではいかない登場人物たち。

映像作品でも活躍する、演劇界に欠かせない個性溢れるキャストがさまざまな役柄で登場。

羽仁男を翻弄する。


《ストーリー》

ある日「死のう」と思った若きコピーライター・羽仁男(はにお)は、「命売ります」という新聞広告を出す。最初に羽仁男の命を買ったのは謎の老人。

ある男の愛人になってしまった妻・るり子と関係を持って、嫉妬に狂った男に妻と一緒に殺されて欲しい。

という依頼だった。早速るり子に近づき関係を持つが、男に浮気現場を目撃されたにもかかわらず、なぜか殺されることはなく、帰されてしまう羽仁男。

翌日、隅田川でるり子の水死体が発見される。生き延びてしまった羽仁男は再び命を売りに出すのだった。

その後も「図書館の貸し出し係の女」「謎の組織ACS」「吸血鬼の女とその息子」「部屋を貸す女」と次々と現れる羽仁男の命を買おうとする人物たち。なんとも不思議な人々と関わるうちに、思いもよらぬ展開に巻き込まれていく。

羽仁男は無事?!命を売ることができるのか。待望の瞬間が迫るとき、羽仁男は何を思うのか・・・。


チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2018/11/24(土) ~ 2018/12/22(土)

  • 出演者など

    [原案・原作]三島由紀夫 [劇作・脚本・演出]ノゾエ征爾 [出演]東啓介 / 上村海成 / 馬渕英里何 / フランク莉奈 / 樹里咲穂 / 家納ジュンコ / 市川しんぺー / 平田敦子 / 川上友里 / 町田水城 / ノゾエ征爾 / 不破万作 / 温水洋一

アーティスト情報

すべてを見る