ワールド・ミュージカル・コンサート「アンドリュー・ロイド=ウェバー ミュージカル・コンサート」 のチケット情報


『キャッツ』『オペラ座の怪人』『エビータ』『サンセット大通り』など多くの人を虜にする感動作品からの選りすぐりの名曲を、ブロードウェイやウエストエンドなどでロイド=ウェバー作品の主役として名を馳せるスターたちの歌声と共にお届け。

  • アンドリュー・ロイド=ウェバー ミュージカル・コンサート
  • 「アンドリュー・ロイド=ウェバー ミュージカル・コンサート」
  • 「アンドリュー・ロイド=ウェバー ミュージカル・コンサート」

チケット情報

公演エリア
現在販売中のチケットはありません。

チケット発売情報

  • 公演期間

    2018/6/9(土) ・ 2018/6/10(日)

  • 出演者など

    [出演]レベッカ・ルーカー / セリンダ・シューンマッカー / ハワード・マクギリン / マイケル・ゼイヴィア

    注意事項

    未就学児童は入場不可。学生チケットは公演当日会場にて学生証提示の上、座席指定券と引換え。出演者は都合により変更の可能性あり。

  • 公演などに関する問い合わせ先

    Bunkamura:03-3477-3244

公演について

日本のミュージカル史を語る上で、見逃すことができないのがアンドリュー・ロイド=ウェバー。


全国各地で繰り返し翻訳上演されている『キャッツ』『オペラ座の怪人』『エビータ』『サンセット大通り』といった名作と言われる大ヒットミュージカルは、ロイド=ウェバーの手によるもの。また、楽曲が冬季長野オリンピックの開会式のテーマ曲として使われるなど、日本の文化芸術とも深い関わりを持っています。


クラシックの手法をベースに、ありとあらゆる音楽技法を駆使したロイド=ウェバー作品の魅力は、ドラマティックでメロディアスな旋律。そんな名曲の数々はミュージカルという枠を超え、オペラやポップス歌手たちも好んで歌いCD化もされているほど。


今回のコンサートでは、そんな多くの人を虜にする感動作品からの選りすぐりの名曲を、ブロードウェイやウエストエンドなどでロイド=ウェバー作品の主役として名を馳せるスターたちの歌声と共にお届け。世界最高峰の歌の競演が東急シアターオーブで実現します。



《セットリスト発表!!》

いよいよ今週末の開催となった『アンドリュー・ロイド=ウェバー ミュージカル・コンサート』。

予定楽曲を発表いたします!


★ラブ・チェンジズ・エブリシング/『アスペクツ・オブ・ラブ』

★メモリー/『キャッツ』

★アルゼンチンよ、泣かないで/『エビータ』

★アナザー・スーツケース・イン・アナザー・ホール/『エビータ』

★ゲッセマネの園/『ジーザス・クライスト=スーパースター』

★王様の歌/『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』

★エニー・ドリーム・ウィル・ドゥ/『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』

★ティル・アイ・ヒア・ユー・シング/『ラブ・ネバー・ダイ』

★ラブ・ネバー・ダイズ/『ラブ・ネバー・ダイ』

★トゥー・マッチ・イン・ラブ・トゥ・ケア/『サンセット大通り』

★サンセット・ブルバード/『サンセット大通り』

★アンエクスペクテッド・ソング/『テル・ミー・オン・ア・サンデー』

★オール・アイ・アスク・オブ・ユー/『オペラ座の怪人』

★オペラ座の怪人/『オペラ座の怪人』

★ミュージック・オブ・ザ・ナイト/『オペラ座の怪人』

★アイ・ビリーブ・マイ・ハート/『ウーマン・イン・ホワイト』

★ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド/『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド』 ほか


※ご案内済みの予定プログラムより一部変更がございます。ご了承ください。

出演者紹介

ハワード・マクギリン / マイケル・ゼイヴィア / セリンダ・シューンマッカー


○Howard McGillin/ハワード・マクギリン

『エニシング・ゴーズ』『蜘蛛女のキス』『オペラ座の怪人』などブロードウェイで活躍するベテラン俳優。代表作である『オペラ座の怪人』のファントム役はブロードウェイ最多出演回数を誇り、未だにその記録は破られていない。

1986年ミュージカル助演男優賞、1988年ミュージカル主演男優賞と2度のトニー賞ノミネート。現在は俳優としての活動のほか、ニューヨーク大学などで教鞭を執るなど、後任の育成にも力を注いでいる。


○Michael Xavier/マイケル・ゼイヴィア

2016年にウエストエンド、そして2017年にブロードウェイで上演された『サンセット大通り』でグレン・クローズの相手役としてジョー・ギリス役を演じた実力派英国人俳優。また昨年には、東急シアターオーブで記念すべきワールド・プレミア公演を開催した『プリンス・オブ・ブロードウェイ』のブロードウェイ公演にも出演し話題となりました。


Photo:(c)Will Bremridge


○Celinde Schoenmaker/セリンダ・シューンマッカー

オランダ出身。現在はロンドンをベースに活躍しており、ミュージカルからオペラまで歌いこなせる声の持ち主です。『レ・ミゼラブル』のファンテーヌ役でウエストエンドデビューののち、『オペラ座の怪人』にクリスティーヌ役で出演。ウエストエンド30周年記念公演でヒロインを演じ、スペシャル・カーテンコールではベン・フォスター、ジョン・オーウェン・ジョーンズ、シエラ・ボーゲスらと共演し注目を集めました。

追加キャスト発表!

○Rebecca Luker/レベッカ・ルーカー
アメリカ出身。『オペラ座の怪人』のクリスティーヌ役でブロードウェイ・デビュー。オリジナルキャストのサラ・ブライトマンのあとを継いで同役を務めた。ブロードウェイの舞台に出演するほか、オペラ歌手 プラシド・ドミンゴとレコーディングしたCDを発売するなど歌手としても活躍している。今回が初来日。

アンドリュー・ロイド=ウェバー作品:
『オペラ座の怪人』

その他代表作: 『サウンド・オブ・ミュージック』 『メリー・ポピンズ』 『ファン・ホーム』 ほか

レベッカ・ルーカー



※ほかキャストは決定次第、発表いたします。

※出演者がやむを得ない事情により変更になる場合もございます。

※出演者の変更に対してのチケットの払い戻しは行いませんので予めご了承ください。

アーティスト情報