劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート のチケット情報


劇場版『機動戦士ガンダム』を生オーケストラによる演奏で贈るシネマ・コンサートが開催!

  • 劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート
  • 劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート
  • 劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート
  • 劇場版『機動戦士ガンダム』シネマ・コンサート

公演について

シリーズ第1作目の劇場版「機動戦士ガンダム」、生オーケストラによる演奏で上映するシネマ・コンサートが開催決定!
指揮は、話題となった映画やテレビドラマの音楽を数多く手がけ、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で音楽を担当した服部隆之。東京フィルハーモニー交響楽団の迫力あるフルオーケストラと共に生演奏でお届けします!

シネマ・コンサートは、映画のセリフや効果音はそのままに、劇中で流れる音楽パートを上映にあわせてフルオーケストラが生演奏する、新感覚の複合型エンタテインメント・コンサート。映像・音楽の迫力は、臨場感を増幅させ、記憶に残る名シーン・登場キャラクターをより鮮明に感じることができるでしょう。
ガンダム初となるシネマ・コンサートスタイルでお届けする感動体験をぜひこの機会に存分にご堪能ください。



■編曲・指揮:服部隆之


作曲家、編曲家。1965年11月21日生まれ、東京都出身。1983年に渡仏、パリ国立高等音楽院に入学し、1988年に同院修了、帰国後は音楽家としての活動を開始する。

クラシックやポップスなどの幅広いジャンルのアーティストのアルバムやコンサートなどの編曲等も精力的に手掛ける。

作曲家として関わった作品として、テレビドラマでは「陸王」「下町ロケット」「半沢直樹」「HERO」「王様のレストラン」、NHK大河ドラマ「真田丸」「新選組!」。映画では「七つの会議」「ラヂオの時間」「誘拐」など。

2015年に展開した「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」では音楽を担当。ガンダムシリーズの音楽に初めて参加し、本作独自の劇伴だけでなく、ガンダムシリーズ第1作目「機動戦士ガンダム」の既存劇伴のアレンジも手掛け、ガンダム世界に新たな息吹を吹き込んだ。

■奏者:東京フィルハーモニー交響楽団

(C)上野隆文


1911年創立、日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約130名、

シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。定期演奏会などの自主公演、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK 他での放送演奏、教育プログラムなどのほか、海外公演でも高い評価を得る。(2019年1月現在)






チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

アーティスト情報