山下洋輔トリオ のチケット情報


「山下洋輔トリオ」 半世紀に及ぶ軌跡をたどる、一夜限りのスペシャルコンサート開催!ゲストにタモリ、麿 赤兒 、三上 寛ら出演!

  • 山下洋輔トリオ
  • 山下洋輔トリオ

山下洋輔トリオ、結成50周年記念コンサートが決定!

先鋭的なフリージャズによって、1970年代の音楽と文化に大きな刺激を与えた“山下洋輔トリオ”。結成50周年を迎えた今年12月、山下洋輔と歴代のメンバーが一堂に会し、「山下洋輔トリオ 結成50周年コンサート 爆裂半世紀!」が開催される(2019年12月23日/東京・新宿文化センター 大ホール)。半世紀に及ぶ山下洋輔トリオの軌跡を追体験できる、きわめて貴重なコンサートになりそうだ。

1950年の終わりからプロのジャズ・ピアニストとして活動していた山下。60年代後半の病気療養を経て、「これまでとは違う、もっと強くて激しいものがほしい」という動機から始まったのが、1969年に結成された山下洋輔トリオだ。

「(初期のメンバー)森山威男(ds)、中村誠一(ts)に“思い切り勝手にやってみよう”と言ったんです。ジャズの決まりなども忘れて、やりたいようになるんだと。その背景には、(フリージャズの先駆者として知られる)セシル・テイラー、オーネット・コールマンなどの音楽、66年に来日したジョン・コルトレーンの演奏が完全にフリージャズだったこともあったと思います。その前は“こういうムチャクチャな音楽に近づいてはダメだ。自分は正しいミュージシャンであろう”と思っていたのですが、病気から復帰した後は、“めちゃくちゃにやってやろう”といきなり変わってしまった。先輩からは“洋輔はどうしてしまったんだ”と言われましたが(笑)、自分たちにしかできない音楽を求めていたのかもしれないですね」

74年にはヨーロッパ・デビュー。79年にはアメリカにも進出するなど、世界的な評価を獲得。73年から坂田明(as)、76年からは小山彰太(ds)、80年代に入ってからは林栄一(as)が参加し、山下洋輔トリオは過激に発展していった。

「いつまでもソロを吹いていたり(笑)、“俺が俺が”と自己主張するミュージシャンばかりですね。“お前がそう来るなら、俺はこうやる”と瞬時に反応しながら作っていく音楽だし、その場を楽しむことも大事ですね。思い切り好きなようにやっても、ドラミング、サックスのフレーズはそれぞれ違う。それを聴き比べるのもおもしろいんじゃないかな」

演劇、舞踏、マンガ、美術、文学、フォーク、コントなど、異なるジャンルの才人(筒井康隆、赤塚不二夫など)との交流によって、音楽のみならず、70年代のカルチャーシーン全体に影響を及ぼした山下洋輔トリオ。50周年記念コンサートには、当時から親交があるタモリ、麿赤兒、三上寛も出演し、ジャンルを超えたコラボレーションも期待できそうだ。もう一つ強調したいのは、この不世出のバンドの音楽が、大友良英、菊地成孔、スガダイローなど、下の世代のミュージシャンにも大いに刺激を与えていること。卓越した技術とアバンギャルドな姿勢が共存する山下洋輔トリオは、現代のジャズを好む若いリスナーにも訴求するはずだ。

「今回のコンサートにはおそらく“山下洋輔トリオか。懐かしい”という人が多いと思いますが、ぜひ20代の人にも来てほしいですね。“坂田、小山と一緒にやるなら『ゴースト』(1976年に録音されたライブアルバム『モントルー・アフター・グロウ』収録)だな”など、演奏するメンバーによってやりたい楽曲もすぐに浮かんでくるし、とても楽しい時間を作り上げることができるという予感がすごくあって。私自身も本当に楽しみです」

チケット情報

公演エリア

アーティスト情報

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/12/23(月)

    会場

    新宿文化センター 大ホール (東京都)

  • 出演者など

    [出演]山下洋輔(p) / 中村誠一(sax) / 森山威男(ds) / 坂田明(sax) / 小山彰太(ds) / 林栄一(sax) [ゲスト]タモリ / 麿赤兒 / 三上寛 / 他

    注意事項

    3歳以上はチケット必要。出演者は都合により変更の可能性あり。

  • 公演などに関する問い合わせ先

    ディスクガレージ:050-5533-0888(平日12:00~19:00)