第42回 日本アカデミー賞授賞式


第42回 日本アカデミー賞授賞式

第42回 日本アカデミー賞授賞式

昨年第41回の最優秀受賞者および新人俳優賞・話題賞受賞者(C)日本アカデミー賞協会

昨年第41回の最優秀受賞者および新人俳優賞・話題賞受賞者
(C)日本アカデミー賞協会

第42回 日本アカデミー賞授賞式
3月1日(金) 
グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール

【重要なお知らせ】

日本アカデミー賞協会では、授賞式チケットの転売を認めません。第42回日本アカデミー賞授賞式において、チケット券面に印字されているチケット購入者のお名前による本人確認をいたします。入場時「顔写真付き身分証明書」との照合を行ないますのでご購入の前に必ず詳細をご確認ください。

>> 詳しくはこちらをご確認ください <<

第42回 日本アカデミー賞 授賞式について

1978年、米国アカデミーの正式許諾を受け、日本アカデミー賞協会が誕生した。その年の4月「素晴らしきものに 永遠の栄誉を。」と謳い、第1回目日本アカデミー賞授賞式が帝国劇場で開催された。映画人の投票によって選ばれる、日本で最も権威のある映画賞。今回も2018年を牽引した作品、俳優、監督、スタッフらが結集して最優秀賞が選出される!

第1回目のポスター

第1回目のポスター

1回〜40回ポスター

第40回記念ポスター

優秀作品賞

  • 優秀主演男優賞

    岡田准一 「散り椿」、 舘 ひろし 「終わった人」、 濱津隆之 「カメラを止めるな!」、 役所広司 「孤狼の血」、 リリー・フランキー 「万引き家族」
  • 優秀主演女優賞

    安藤サクラ 「万引き家族」、 黒木 華 「日日是好日」、 篠原涼子 「人魚の眠る家」、 松岡茉優 「勝手にふるえてろ」、 吉永小百合 「北の桜守」
  • 優秀助演男優賞

    岸部一徳 「北の桜守」、 ディーン・フジオカ 「空飛ぶタイヤ」、 西島秀俊 「散り椿」、 二宮和也 「検察側の罪人」、 松坂桃李 「孤狼の血」
  • 優秀助演女優賞

    樹木希林 「日日是好日」、 樹木希林 「万引き家族」、 篠原涼子 「北の桜守」、 深田恭子 「空飛ぶタイヤ」、 真木よう子 「孤狼の血」、 松岡茉優 「万引き家族」
  • 新人賞

    上白石萌歌 「羊と鋼の森」、 趣里 「生きてるだけで、愛。」、 平手友梨奈 「響-HIBIKI-」、 芳根京子 「累 -かさね-」「散り椿」、 伊藤健太郎 「コーヒーが冷めないうちに」、 中川大志 「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」、 成田 凌 「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」、 吉沢 亮 「リバーズ・エッジ」
※各項目50音順。
上記以外の受賞者については、日本アカデミー賞協会ホームページへ >> http://www.japan-academy-prize.jp/
「カメラを止めるな!」
製作会社:ENBUゼミナール
「北の桜守」
製作会社:東映/テレビ朝日/木下グループ/東映アニメーション/博報堂/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ/東映ビデオ/朝日放送/ジェイアール東日本企画/朝日新聞社/読売新聞社/北海道テレビ/メ~テレ/九州朝日放送/北海道新聞社/イノベーションデザイン/静岡朝日テレビ/広島ホームテレビ/東日本放送/新潟テレビ21
「孤狼の血」
製作会社:東映/木下グループ/KADOKAWA/日活/山陽鋼業/電通/朝日新聞社/東映ビデオ/WOWOW/ダイバーシティメディア/報知新聞社/GYAO/トーハン/プルーク
「空飛ぶタイヤ」
製作会社:松竹/木下グループ/日活/ジェイストーム/講談社/朝日新聞社/実業之日本社/GYAO /オフィスIKEIDO/コロナワールド/イオンエンターテイメント
「万引き家族」
製作会社:フジテレビジョン/ギャガ/AOI Pro.
©ENBUゼミナール ©2018「北の桜守」製作委員会 ©2018「孤狼の血」製作委員会 ©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会 ©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
  • 司会
    • 司会
    • 西田敏行
      日本アカデミー賞協会
      組織委員会 副会長

      蒼井 優
      第41回最優秀主演女優賞
      「彼女がその名を知らない鳥たち」

  • プレゼンター

    蒼井 優 、倉田智子(美術)、是枝裕和(監督・脚本・編集)、柴主高秀(撮影)、 鈴木慶一(音楽)、菅田将暉 、広瀬すず、宮西孝明(照明)、役所広司、矢野正人(録音)、湯浅政明(アニメーション作品)、ギャガ/ポニーキャニオン(外国作品)

    以上予定
    ※第41回最優秀賞及び話題賞受賞者 一部50音順

ぴあ映画担当が解説!日本アカデミー賞授賞式を生で観る醍醐味ぴあ映画担当が解説!日本アカデミー賞授賞式を生で観る醍醐味

授賞式のテレビ中継を毎年楽しみにしているみなさん! 生の授賞式には、映画ファンにはたまらない魅力、テレビには映らない感動が溢れています。ぜひ授賞式会場に足を運んでください!!

第41回会場風景

撮影:「ぴあ」編集部

醍醐味その1 テレビでは見られない感動がそこに!!

醍醐味その1 テレビでは見られない感動がそこに!!

テレビで見る授賞式も実に華やか。ですが、最優秀賞が“今まさに“発表されるリアルな会場では、テレビ画面では見られない様々な感動のシーンが繰り広げられます。
各部門の受賞者が発表される度に沸き上がる歓声、賞賛の抱擁、感動の涙。受賞者の心からの喜びが会場の隅々まで伝わっていきます。観客は、映画が「多くの人の手によって作られる共同作業の結晶」であることを強く感じるはず。「映画人が一堂に会し、一年に一度、みんなで讃え合う」のが日本アカデミー賞授賞式なのです。

第42回授賞式の司会は西田敏行さんと蒼井優さん。日本アカデミー賞協会 組織委員会副会長の西田さんは6年連続9度目。昨年「彼女がその名を知らない鳥たち」で最優秀主演女優賞を受賞した蒼井優さんとともに、映画愛に溢れた司会で授賞式を盛り上げてくれることでしょう。

第41回最優秀賞受賞者が
プレゼンターとして来場します

左より菅田将暉、蒼井優、役所広司、広瀬すず

左より菅田将暉、蒼井優、役所広司、広瀬すず

第41回最優秀賞受賞者がプレゼンターとして来場します!

左より菅田将暉、蒼井優、役所広司、広瀬すず

左より菅田将暉、蒼井優、役所広司、広瀬すず

醍醐味その2 新人俳優賞から会長功労賞受賞者まで、世代を超えた映画人が集結

醍醐味その2 新人俳優賞から会長功労賞受賞者まで、世代を超えた映画人が集結

日本アカデミー賞授賞式は、「日本映画人による日本映画人のための日本映画の祭典」です。会場に集うのは監督や俳優といった表舞台で活躍している人たちだけではありません。前述のように技術系スタッフや配給・興行関連スタッフ等、映画に関わる仕事に従事している人たちも注目される場です。
作品の枠を超えて親交を深めた映画人同士が、受賞を讃え合う姿を目の当たりにし、自分もまた映画を愛して止まない映画人になった感覚を味わうことができるでしょう。
また、映画界への多大なる功績を讃えて顕彰する会長功労賞をはじめとした特別賞や2018年に逝去した映画人を偲ぶ追悼プログラムなど、映画人だけでなく、会場にいるすべての人に映画の素晴らしさの記憶をよみがえらせます。

醍醐味その3 日本映画の神髄に触れられる、豪華な祭典!

醍醐味その3 日本映画の神髄に触れられる、豪華な祭典!

前年一年間に活躍した映画人が、これほど多く一堂に会する機会は日本アカデミー賞授賞式をおいて他にありません。憧れの俳優や監督のドレスアップした姿や、テレビでは紹介しきれない入退場時の晴れやかな表情を見られるなど、生ならではの特権を堪能できます。そして、日本映画界随一の豪華なお祭りの締めくくりは、一流シェフが工夫を凝らした豪華なディナー。会食中に映画界に精通した日本アカデミー賞協会役員が披露する、映画制作の裏話も好評です。チケット料金は決して安くはありませんが、“ここでしか得られない”価値があるのは事実です!

あなた自身の最優秀賞の予想やドレスの準備も含めると、日本アカデミー賞授賞式はおよそ一か月も楽しむことができるイベントです。そして極めつけは授賞式当日。優秀賞を受賞した良質な各作品、実力ある俳優陣……今年も超豪華な授賞式になることは間違いありません! 毎年観覧を恒例としているファンの方はもちろん、未体験の方も映画ファン&エンタメファンとして一年に一度の贅沢として授賞式を観覧してみませんか!?

文:「ぴあ」編集部 岡政人

チケットの購入について

チケットの購入には、ぴあ会員登録(無料)が必要です。
新規会員登録  チケットの購入方法について  いち早プレリザーブについて  プレリザーブについて

公演・チケット情報

第42回 日本アカデミー賞  ディナー付授賞式観覧チケット

★プレイガイド ぴあ独占販売

彫刻家・流政之氏デザインの最優秀賞ブロンズ「映画神像」をイメージしたチョコレートケーキなど、日本アカデミー賞、映画にちなんだメニューが楽しめます!


<[ぴあプレミアム会員限定]いち早プレリザーブ>

【受付期間】1月16日 (水) 11:00~1月30日 (水) 11:00

★ぴあ会員の方なら、ぴあカードの入会申込手続が完了後、カードの発行を待たずに、最速抽選「いち早プレリザーブ」にすぐにエントリーが可能です!

いち早プレリザーブについて プレミアム会員サービスに関して


<プレリザーブ>

【受付期間】1月24日(木) 11:00 〜 1月31日(木) 11:00


<一般発売>

2月1日(金) 10:00

※昨年の授賞式で提供された料理。(c) 日本アカデミー賞協会

※昨年の授賞式で提供された料理。
(c) 日本アカデミー賞協会

公演情報

日時:3月1日(金) 授賞式:16:00開演予定
会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
席種・料金:全席指定 - 40,000円 ※フレンチコースディナー付

【重要なお知らせ】を必ずご一読下さい。

お申し込みはこちら

※毎週(火)・(水)2:30〜5:30は、システムメンテナンスのためお申し込みいただけません。
※小学生以下は入場不可。公演当日は、セミフォーマルな服装でご来場ください。
※当日の登壇者は未定です。
※授賞式:16時〜19時30分頃(予定)。授賞式終了後、別室にてディナー。
※席番につきましては発券開始の2月22日(金) 10:00以降ご確認いただけます。
※ご購入はインターネット(PC・スマホ)受付のみとなりますのでご注意ください。

★お気に入り登録をして発売情報をゲットしよう!
「お気に入り登録」すると、先行情報などのチケット発売情報をメールで受け取ることができます。
■映画に関連したお気に入り登録はコチラ
■そのほかのアイテムなど「お気に入り登録」登録の詳細はコチラ
※ご利用にはぴあ会員ID・パスワードが必要です。

★ぴあメールマガジンに登録しよう!
ぴあメールマガジン<ジャンル版> 映画「ぴあ映画生活」に登録すると、毎週(金)に映画に関する情報満載のメールマガジンをお届けします!
■詳細はコチラ

重要なお知らせ

<購入者ご本人確認について>

転売防止対策の為、ご入場の際に、購入者様(お申込みされた方)の「顔写真付き身分証明書」でのご本人確認をいたします。
ご購入の際には以下、同意の上お申し込み下さい。

【転売禁止】

  • ■友人、家族を含む第三者に販売ないし譲渡する事はできません。
  • ■チケットにはお申し込み時に入力されたお名前が記載されます。
  • ■ご購入の際は、必ず、来場者ご本人のお名前でご購入をお願い致します。
  • ■また正規の購入方法以外で入手されたチケットに関するトラブルには販売者・主催者共に一切責任を負いません。

【同伴者様について】

  • ■同伴者様は、必ず購入者ご本人様と一緒にお越しください。
  • ■同伴者様のみで来場された場合は、購入者ご本人確認ができないためご入場をお断り致します。

【会場受付について】

  • ■授賞式当日は、お名前が記載されている「チケット」と、チケットに明記されているお名前と同じお名前の確認ができる「顔写真付き身分証明書」を必ずお持ちください。
  • ■「チケット」「顔写真付き身分証明書」をお持ちいただけない場合、チケット忘れ、紛失、盗難、不備がある場合等いかなる理由においてもご入場をお断りさせて頂きます。その場合、チケットの払い戻し・交通費等の負担も致しません。あらかじめご了承ください。
  • ■確認内容に相違がある場合、確認の為しばらくお待ちいただく場合がございます。
  • ■開演間際は、本人確認の都合上、大変混み合うことが予想され、開演時間までにご入場いただけない場合がございます。時間に余裕を持ってご来場ください。
  • ■「購入者様」と「来場者様」が同一である事が確認できない場合や、転売や譲渡等が発覚した場合、ご入場をお断り致します。

<ご本人確認書類について>

■今回の入場において身分証明書として認められるもの

【お名前・顔写真付きの物】
1. パスポート
2. 運転免許証
3. 学生証
4. 住民基本台帳カード
5. 身体障害者手帳
6. 外国人登録証明書
7. マイナンバーカード


※顔写真のないものは、本人確認書類として認めらません。
※コピー/手書き/期限切れ/使用不可の細工が施されているものは不可
※旧姓のままの証明書でチケット券面のお名前と相違がある場合は不可

上記1~7のいずれかをお持ちでない場合、購入者ご本人確認ができないためご入場をお断り致します。


お客様には、大変お手間をお掛け致しますが、趣旨のご理解とご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。