チケットのことならチケットぴあチケットぴあ


業界のメキキ女子たちの本音トーク 舞台で光る “演劇的”イケメンを語る

中井美穂 (アナウンサー) × 徳永京子(演劇ジャーナリスト) × 釣木文恵(演劇ライター) 舞台のメキキ女子が集まって、ワイワイとおしゃべり 未知のイケメンがゾクゾク登場!

いまだ衰えぬイケメンブーム。演劇界でも、いわゆる若手イケメンたちを集めた舞台が毎日のように上演されているが、芸だけでなく、ときにはその人間性をもあらわになってしまう舞台は、彼らの本質を見抜く早道かも。ハンサムフェイスやキラキラしたオーラを生で楽しむのももちろんいいが、顔も良ければ頭もイイ(?)、生で観て損のないイケメンが知りたい!
座談会イメージ
取材・文(兼進行):武田吏都
メンバーのプロフィールはこちら

  私あまりイケメンに興味がなくて(苦笑)

【武田】 本日はよろしくお願いいたします。進行的にはまずそれぞれのイケメン観を知る上でも皆さんの得意分野といいますか(笑)、をお聞きしたいと思うのですが。
【中井】 私は『テニミュ』(=ミュージカル『テニスの王子様』)をよく観ているので、それで皆さんに「若い男の子が好きなんですね」って言われるんですけど(笑)、テニミュが好きなだけで、イケメン全般に詳しいわけじゃないんですよ。でもテニミュ出身者の広がりで、幅広い作品を観ている方だとは思います。
【武田】 徳永さんの、演劇ジャーナリストとしての視点も気になります。
【徳永】 こういう席に呼んでいただいてアレなんですけど、私イケメンに興味がないんです……。ただ演劇界全体の動向の中でそういう流れがあることは、もちろん興味を持たざるを得ないので。それと、以前「演劇男子。」(ぴあMOOK)でもお話させていただいたんですが、最近の小劇場界は役者さんもそうですが、特に作・演出の男子がみんなすごくルックスが良くて。
【釣木】 ですよね!
【徳永】 つまりモテる人がどこで活躍するかはその業界の未来度を測るひとつの指針だと思っていて……って、これ話すと長くなるんですけど。
【武田】じゃ全体的に温まった頃にじっくりお話いただきましょうか。釣木さんは?
【釣木】 私も実はイケメンにそんなに詳しくなくて。でも取材を通して彼らに会うと、「あ、イケメンもこんなこと考えているんだ」って風に思うんですよね(笑)。
【徳永】 わかる!
【中井】 やっぱり分かれるんですよね、ちゃんと考えてる子と何も考えてない子と(笑)。
【釣木】 若くてこれだけカッコいいのに、こんなにちゃんと考えているんだなって、“イケメン”というものを思い直すというか、こちらの無知を恥じるというようなことが起きて。
【徳永】 イケメンと呼ばれる役者さんの多くはインタビューしても手ごたえがあまりないというか、予想範囲内のことが返ってくることが多いんですけど、ある時点から、もっと話を聞きたいってインタビュアーとして惹かれる人たちが出てきました。顔が良くてモノ考えてれば言うことありませんよね?(笑)
【中井】 “鬼に金棒”ってヤツですよね。具体的にはどういう人が?
【釣木】 たとえば中村倫也くんとか賀来賢人くんとか小出恵介くんとか。中村くんなんていろんなジャンルを渡っていて、作品選びがすごく変わってますよね。この人たちはちゃんと考えて自分の立ち位置をわきまえているし、作品的にも面白いところを踏んできている。そういう若い俳優さんは応援したいです。
中井美穂(アナウンサー)徳永京子(演劇ジャーナリスト)釣木文恵(演劇ライター)
【徳永】 映像と舞台を単純に比較することはできませんけど、やっぱり舞台は総合力を問われることが多いので、そういうところに惹かれるっていうのはわかります。
【武田】 私もこの業界には小劇場への興味から入っているし、いわゆるイケメンにはあまり興味がない方で。
【中井】 よりによってそういう人たちが集まっちゃって大丈夫ですか!? (笑)
【武田】王道が苦手で根っから判官びいきなところがありますし、アイドルにも一切ハマッたことがなく。なんですけど、去年突然『戦国鍋TV』にハマりまして……。
【中井】【徳永】【釣木】 ああ~!
【武田】 テニミュ出身者が多いんですが、ふるいにかけられたデキる人たちが揃っている印象。俳優としてのいろんな要素が求められるコンテンツなんですよ。私もあの番組のおかげで先入観を拭えたというか、見る目が少し変わりました。
【中井】 どんな人が出ているんですか?
【武田】 私が勝手に“鍋2トップ”と呼んでいるのが、村井良大さんと矢崎広さん。矢崎さんは今年、ほぼ毎月舞台が入っているとか。
【徳永】 あ、つい先日、知り合いの編集さんにも「村井くんいいですよね!」って言われました。これから気をつけて見てみます。
【武田】村井さんは動いているところを観てもらうと話が早いかも(笑)。去年、彼が出た『すうねるところ』という舞台で、終演後に年配の男性がポスター見ながら「この子、村井くんっていうんだ。上手いねえ」って連れの人に話してて。名前ではなく、芝居のみで惹き付けられるホンモノだなと思いました。

  『おすふん』に大感動しました

【武田】 最近観た中で印象的だった人はいますか?
【釣木】 やっぱり『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ』の三浦春馬くん。新感線の世界にすんなりハマってました。
【徳永】 三浦さんは、過去に堤真一さんが出た新感線の作品を再演するときにハマりそう。
【中井】 『野獣郎見参』とかいい作品いっぱいありますよね。
【徳永】 背が高くて姿形ももちろん美しいんだけど、和の所作を踏まえたうえでのアクションがたぶんちゃんとできる人。新感線のアクションを色っぽくやれる人だなって。
【釣木】 新感線が起用する若手は間違いないと思っていいってところがありますよね。
【徳永】 彼に関して言うと、ああしてダンスも歌もできるのは、やっぱり所属事務所のアミューズが時間とお金をかけてちゃんとレッスンさせてきたという強みがあると思います。去年『ロミオ&ジュリエット』で初舞台を踏んだ佐藤健さんもそうだったけど。
【武田】初めてなのにシェイクスピア台詞を自分のものにしているなあと感心しました。
【中井】 アミューズは今、若手の男の子がたくさんいて、彼らを集めた『SUPERハンサムLIVE』も人気なんでしょ?
【武田】“アミュメン”ですね。個人ではなく全体が好きという意味で“箱推し”という言葉を使ったりするみたいですよ。
【中井】 やっぱり事務所のカラーってありますもんね。テニミュがいいのは、いろんな事務所から集まってきているセレクトショップ的なところ。キャラが好きっていうのももちろんあるんですけど、観ていくうちに「私このタイプが好き」って分かってくる。
【徳永】 その結果が、アミュメン箱推しみたいなことになっていくんですね(笑)。同じような狙いということでいうと、D-BOYSD2の舞台もそうだし、キューブがここ毎年やっている『押忍!!ふんどし部!』もそうですね。
【武田】 通称『おすふん』(笑)。この春、テレビドラマにもなるんですよね。
【徳永】 去年観て大感動したんです。正直、出演者にはあまり興味はなかったんですけど、脚本が細川徹さんで演出が河原雅彦さんというケミストリーに期待して。そしたら、去年一番笑ったぐらいの舞台で。
【釣木】 へえ~、がぜん観たくなりました。
【徳永】 今年は演出が清水宏さんに代わるので、今度はまたどうなるかなって思ってます。
【中井】 もっとこういう作品が出てくるといいですよね。「どうせイケメン舞台なんでしょ?」って観に行ったら面白かったとか、「あ、この子こういう風に成長したんだ」って思えるような役者さんがどんどん増えてくれれば、全体的にレベルアップするでしょうし。 座談会イメージ

  1本目が勝負!? 期待の初舞台組

【武田】 今年いよいよ初舞台という方も何人かいますよね。
【中井】 松山ケンイチさんとか。なんか彼はもう“イケメン”という括りで扱っていいのか迷うところですけど。
【武田】 松山さん本人が、今回作・演出の西田シャトナーさんの作品に惚れ込んでいるということで、非常に熱を感じます。
【釣木】 テニミュ出身者の細貝圭くんや和田琢磨くんもいて、わりとイケメン揃いの舞台(笑)。玉木宏さんも初舞台ですね。取材させていただきましたが、テレビで共演した方に1回やった方がいいと言われていたらしく、並々ならぬ思いを感じました。
【中井】 初舞台ではないけど、蜷川作品にいよいよという感じなのが、松坂桃李さん。
【徳永】 せっかくの機会なので、先輩たちからいろいろ学んでほしいなと思います。新感線や蜷川さんの舞台のシステムがいいのは、先輩たちがいっぱいいるところ。あれが正解なんだってことを具体的に教えてもらえたり、背中を見ることでわかることもあると思うし。
【釣木】 確かにそうですよね。
【徳永】 やっぱりキャストの人数が多いと全員に演出が行き渡らないこともあるから、演出家だけじゃなく、そこにいるベテランの役者さんから学ぶことも多くなると思うんですよね。蜷川さんの舞台に出たらみんなが藤原竜也さんや小栗旬さんみたいに飛躍できると思われがちだけど、それは違う。その点、いわゆるイケメン舞台は同年代の同じようなメンツで固まりがちなので、成長という意味では難しいところも。
【中井】 その同じようなメンツの中で、自分をちゃんと見られるかどうかですよね。
【徳永】 そうそう、鏡ばっかり見てる人もいるけど(笑)。頭の良さは絶対的に必要!
【中井】 映像でよくても舞台でイマイチって人もいるのがまた面白いところですよね。首から上と、体全体から発する表情って違うから、舞台ではそういうところもぜひ観てほしい。
【釣木】 舞台が好きになるかどうかはっきり分かれるので、出る側としては1本目って大事ですよね。
【徳永】 舞台って、舞台上にいれば必ず誰かが観ている。台詞がない人を観ているお客さんもたくさんいるわけで。そういう意味では、台詞は少しでも、良ければピンと来てくれる観客は絶対いるから、役者さんにとってやる価値はきっとあるんじゃないですかね。

  舞台でこそ観てほしい、おなじみのあの人

【武田】 じゃあ映像でおなじみだけど、この人こそは舞台で観てほしいという人は?
【釣木】 まあ超有名どころとしては、森山未來さん。
【中井】【徳永】【武田】 ああ~!
【釣木】 あんなに動ける人もあんなに考えてる人もいないって感じですよね。舞台を観ている人はみんな知ってるけど、『モテキ』だけの人はまだ知らないかもしれないので、彼の舞台はぜひ1回観てほしいです。
【中井】 私、高橋一生さんが好きですね。森山くんもだけど、ああいう薄めの顔が好き(笑)。それに彼は色気があるなって。それも白じゃなくて、黒い色気(笑)。
【徳永】 私は向井理さんかなあ。舞台の方がいいという意味ではないんですけど、熱量じゃないところで舞台の演技ができる人ですね。一生懸命頑張ることが舞台のやりがいって勘違いされがちだけど、彼はそうじゃなくて、これまでの2本の舞台はどっちも、冷静で生々しかった。
【武田】 『悼む人』のこれぞ“ニュートラル”という演技は私も印象的でした。
【徳永】 インタビューさせていただいたとき、「舞台には苦しみしかないけど、終わってちょっと時間が経つとなぜかまたやりたくなる」とおっしゃっていたので、舞台ならではのやりがいを感じ始めていらっしゃるようだし、今後もコンスタントに続けていってくれるのではないかと。

  若手イケメン作・演出家が演劇界を救う!?

【中井】 そろそろ、徳永さんのイケメン作・演出家の話が聞きたいです。
【徳永】 はい、じゃあ……あの、すごい雑な話をすると、男子はモテる職業を選ぶってところがあると思うんですよね。80年代ならバンド、90年代ならお笑い芸人、みたいな。恐らくその前は野球選手だったり。
【中井】 恐縮です(笑)。
【徳永】 いや、中井さんの旦那さまのような野球選手という流れは王道としてずっとあるんだけど(笑)。だからモテる芽を持っている男子が選ぶ職業というのが、その業界が今キテるとかこれから来るって証になると思ってて。
【中井】 筆頭はやっぱり藤田貴大(マームとジプシー)さん?
【徳永】 あと三浦直之(ロロ)さんとか山本卓卓(範宙遊泳)さん。それから橋本清(ブルーノプロデュース)さんという方は、モデル並みにルックスがいいです。
【釣木】 中屋敷法仁(柿喰う客)さんも。私、岩井秀人(ハイバイ)さんも好きなんです。
【中井】 私も! 岩井さんは独特な空気感を持ってますよね。
【武田】 私のイチ推しは田上豊(田上パル)さんかな。
【徳永】 そんなふうに次々と名前が挙がるじゃないですか。書店で、三浦大輔(ポツドール)さんや多田淳之介(東京デスロック)さんが表紙の本が平積みになっていたら、「お?」と気になる人はたくさんいるでしょうし。
【中井】 2人ともロックっぽいイケメン。
【徳永】 そういう意味でも時代は様変わりしていて、彼らみたいな人が演劇をやっていることは、演劇がキていることなんじゃないかって思います。
【武田】 彼ら自身はあまり舞台に立たないのがちょっと残念ですけど、作品を通じて、イケメンたちの頭の中をディープにのぞいてみてもらいたいですね(笑)。

……ではそろそろお時間です。演劇的イケメンを多角的に語ることができて楽しかったです。本日は、ありがとうございました!
座談会メンバー プロフィール
中井美穂

中井 美穂(なかい・みほ)
アナウンサー。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、「松任谷正隆のディア・パートナー」(FM東京)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。演劇コラムの執筆、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。

中井美穂

徳永 京子(とくなが・きょうこ)
演劇ジャーナリスト。朝日新聞劇評の他、公演パンフレットや雑誌、web媒体などにインタビュー、寄稿文、作品解説などを執筆。現在、「シアターガイド」(モーニングデスク)にて『1テーマ2ジェネレーション』、「Choice!」(ネビュラエクストラサポート)にて『Stage Choice!』を連載中。東京芸術劇場運営委員および事業企画委員。

釣木 文恵

釣木 文恵(つるき・ふみえ)
ライター。演劇、映像関連の雑誌、Webなどを中心に執筆。隔月刊の映像雑誌『ピクトアップ』において映像に関わる魅力的な人物を紹介するコーナー「ピ クトバイキング」を連載中。最近はお笑いライブに通う回数が増加中。

取材・文(兼進行):武田吏都(たけだ・りつ)
情報誌の演劇担当を経て、演劇、映画、海外ドラマ系のフリーライターに。ミュージカルから小劇場、お笑いまで、雑食であることが持ち味と同時に悩み。『SODA』「演劇男子。』『acteur』『Audition』『PATi★ACT』などの雑誌やサイト、パンフレットなどに寄稿。

注目のイケメン俳優たちが勢揃い 今、舞台で観たいイケメンたち 特集へ→メキキ女子たちが注目!
中村倫也
中村倫也
中村倫也の次回出演舞台はM&Oplays プロデュース『八犬伝』。 中村は八犬士のうち"智の玉を持つ"犬坂毛野を演じる。上演台本を青木豪、演出を河原雅彦が手がける話題作。公演は3/8(金) より東京・シアターコクーンにて開幕。
詳細・お気に入り登録へ
村井良大
村井良大
『戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~』で人気が急上昇した村井良大。3月には黒木瞳主演のオリジナル・ミュージカル『私のダーリン』に出演する。古川雄大、大河元気らと一緒に便利屋の従業員を演じる。
詳細・お気に入り登録へ
矢崎広
矢崎広
トライフルエンターテインメントプロデュース 舞台『マティーニ! ~ただ今、撮影5時間押し~』に出演する矢崎広 。スピンオフドラマをDVDで見てから舞台を観るとより楽しめるという仕掛けあり。公演は2/6(水)より東京・シアター1010にて。
詳細・お気に入り登録へ
D-BOYS
D-BOYS
D-BOYSの出演舞台、Dステ 13th『チョンガンネ~おいしい人生お届けします~』は実在する"イケメン青果店"を題材にした韓国の人気ミュージカルを日本初上演。公演は4/25(木)より東京・本多劇場にて。
詳細・お気に入り登録へ
D2
D2
不死を失った吸血種《ヴァンプ》の少年たちを描くDステ12th『TRUMP』は現在東京・サンシャイン劇場で上演中。D2メンバー16人が初めて全員出演して挑む。作・演出はピースピットの末満健一。2/3(日)まで。
詳細・お気に入り登録へ
「押忍!!ふんどし部!」
「押忍!!ふんどし部!」
アグレッシブなパフォーマンスが話題となり、ついに再々演が決定した熱血学園ミュージカル cube neXt 『押忍!!ふんどし部!』。イケメンたちの体を張ったパフォーマンスもみどころ。2/6(水) より東京・CBGKシブゲキ!!にて。
詳細・お気に入り登録へ
松山ケンイチ
松山ケンイチ
NHK大河ドラマ「平清盛」での主演も記憶に新しい松山ケンイチ。その松山が『遠い夏のゴッホ』で初舞台にして初主演を務める。さらにセミ役を演じることでも話題に。 公演は2/3(日)より東京・赤坂ACTシアターにて開幕。
詳細・お気に入り登録へ
玉木宏
D-BOYS
玉木宏が実在したカメラマンを演じる『ホテル マジェスティック ~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~』 。玉木が初舞台にして初主演を務める本作は/3/7(木)より東京・新国立劇場 中劇場にて開幕。
詳細・お気に入り登録へ
松坂桃李
松坂桃李
2011年に『銀河英雄伝説=第一章 銀河帝国編=』で初舞台を踏んだ松坂桃李。次に挑戦する舞台は蜷川幸雄演出の『ヘンリー四世』。国王の放蕩息子ハル王子(後の名君ヘンリー五世)を演じる。
詳細・お気に入り登録へ
高橋一生
高橋一生
五木寛之のエッセイ「わが人生の歌がたり」をベースにした舞台「『教授』~流行歌の時代を、独自の価値観で生きた歌好きの免疫学教授、そして観念的な恋愛に己を捧げた助手~」に出演する高橋一生。公演は2/7(木)より東京・シアターコクーンにて。
詳細・お気に入り登録へ
藤田貴大
藤田貴大
第56回岸田國士戯曲賞を受賞したマームとジプシー主宰の藤田貴大。藤田の発表する作品は常に演劇業界から高い注目を集めている。3月に北九州芸術劇場プロデュース『LAND→SCAPE/海を眺望→街を展望』で作・演出を務める。
詳細・お気に入り登録へ
中屋敷法仁
中屋敷法仁
2012年にパルコ劇場初進出を果たした中屋敷法仁。代表を務める柿喰う客の舞台、女体シェイクスピア003『発情ジュリアス・シーザー』は2/21(木) より上演。またDステ13th『チョンガンネ~おいしい人生お届けします~』で上演台本・演出を手がける。
詳細・お気に入り登録へ
岩井秀人
岩井秀人
劇団ハイバイを主宰し、劇作家、演出家、俳優と多彩な顔を持つ岩井秀人。脚本を書いたTVドラマが第30回向田邦子賞を受賞するなど、今もっとも注目されている演劇人のひとり。2/21(木)に開幕するG2produce 最終公演『デキルカギリ』に出演。
詳細・お気に入り登録へ
気になるイケメンたちのチケット情報は「お気に入り登録」をして、逃さずGETしよう!
「お気に入り登録する」のボタンから登録すると、アーティストのチケット発売情報などをメールで受け取ることができます。
※登録には、ぴあ会員登録(無料)が必要です