ゆず(ユズ) のチケット情報

お気に入り登録する
ゆず
ゆずは、日本のフォークデュオ。セーニャ・アンド・カンパニー所属。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」。

概略
ストリートミュージシャン出身のフォークデュオのパイオニア的存在で、1997年頃から始まった第2次路上ライブムーブメントの先駆けとされる。路上時代は主に神奈川県横浜市中区伊勢佐木町の横浜松坂屋前で路上ライブを行っていた。1996年3月結成。結成後すぐにオリジナル曲を作る。最初は客はほとんどいなかったが、1年ぐらいしたときに初めてリクエストしてくる客が現れた。路上の最終日(1998年8月30日)は、台風直撃にもかかわらず、約7,500人が集まった。

2人の出会いは小学生の頃だが、クラスが違ったためあまり面識がなかったという。中学で初めて同じクラスになり、仲良くなり始める。中学時代にキャンディーズの「春一番」を一緒に歌った。2人は別々の高校に進学したが、卒業後に中学時代の友達で4人組のバンド(北川がドラム、岩沢がボーカル)を結成する。しかし「残りの2人(ベース、ギター)と合わない」という理由から、先述のような経緯で2人でデュオを結成するに至った。

結成当初は「Light's」という名前だったが、これを自分達に合っていない上にダサいと感じていた北川が、2人が当時一緒にやっていたアルバイト先の食事会で食べた柚子シャーベットから「ゆず」へと変更。90年代当時、音楽グループ名に日本語を採用するのは珍しかった。

音楽プロデューサーにJUN SKY WALKER(S)のベーシストである寺岡呼人を迎え、1997年『ゆずの素』でインディーズ・デビューする。翌年1998年1stシングル「夏色」、2ndシングル「少年」で立て続けにブレイク。1stフルアルバム『ゆず一家』は最終的に100万枚近い売上を記録した。フォーク復興の立役者として、「ネオ・フォーク」と呼ばれる新たなるフォークの1ジャンルを確立した(本人らの自称は「平成爽やかフォークデュオ」)。

2003年・2004年・2009年・2011年・2013年・2015年・2016年・2017年・2018年には「NHK紅白歌合戦」に出場。2017年には「栄光の架橋」で大トリを務めた。もともと1999年に一度オファーを受けながらも辞退したが、2003年に初出場。2003年、初のカウントダウンライブを横浜で行う。2005年のベスト・ア
「ゆず_(音楽グループ)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月09日(火) 10:21UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019

    家族3人で初日に参戦。 行きの勝田駅からのシャトルバスはどんどん来て待ち時間がほとんどなく、スムーズに乗れました。 帰りはセカオワを最後まで聴いて、花火まで見て、テントを片付けてからバス待ちの列に並びましたが21時ちょうどに勝田駅に着きました。 駅前のコンビニは長蛇の列でしたが、そこを横目で見つつスルーして、ホームにあるNewDaysに行けば、並ばずに晩御飯が買えます。 これだけの大群衆をよどみなくさばき切る、スタッフの皆様のスムーズな運営に心から感謝です。楽しい一日を過ごせました。

    Runfun
  • JOIN ALIVE

    Joinは初めてでしたが酒の持ち込み可だったりテントの区画が広いなどキャンプするにはいいフェスでした。入場ゲートやスタッフが少ないので入場に時間がかかる、導線が悪いなどといった面でクソでした。

    やすきち
  • JOIN ALIVE

    どのアーティストも本当にいいライブで最高でした。 ただ、会場のリストバンド交換に要する時間が長すぎると思います。 早くチケット購入した人とか楽楽チケットの人はリストバンド事前発送などの特典をつけたり、交換のブースに要するスタッフの人員増員することで列の待機時間が減るのではと思います。 リストバンド交換に1時間以上も時間かかるのは改善して欲しいです。ご検討よろしくお願いします。

アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ゆず のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み