読売日本交響楽団(ヨミウリニッポンコウキョウガクダン) のチケット情報

お気に入り登録する
読売日本交響楽団
(C)読響
公益財団法人読売日本交響楽団(よみうりにっぽんこうきょうがくだん、(省略))は、日本のオーケストラ。新聞社が母体となるオーケストラは、世界でもこの楽団だけである。日本オーケストラ連盟正会員。愛称は「読響(よみきょう)」。

沿革
1962年4月に、読売新聞社(現:読売新聞東京本社)、日本テレビ放送網、讀賣テレビ放送の3社が母体となって設立されたオーケストラである。同年9月に最初の公演を開催した。1967年には、アメリカの指揮者アーサー・フィードラー指揮による初の海外公演(アメリカ・カナダ)を挙行した。1968年にはペンデレツキの「ルカ受難曲」日本初演で、日本のオーケストラでは初めて「芸術祭大賞」を得た。1979年から1995年にかけてはゲンナジー・ロジェストヴェンスキーによるショスタコーヴィチの交響曲全曲演奏を、世界で初めて同一オーケストラ、同一都市で実施した。1982年、1987年、1992年にはそれぞれ三善晃、武満徹、西村朗に作品を委嘱し、世界初演を行った。2001年からは常任指揮者ゲルト・アルブレヒトの発案により「日本人若手作曲家委嘱シリーズ」を開始、望月京ら若手作曲家の委嘱作品を年に1曲のペースで初演した。アルブレヒトの退任後はこのシリーズは終了したが、新作の委嘱・初演は正指揮者であった下野竜也時代にも活発に続いていた。また2002年にはワーグナーの「パルジファル」を日本では久しぶりに舞台上演。2003年には三島由紀夫の原作に基づくハンス・ヴェルナー・ヘンツェのオペラ「午後の曳航」の世界初演も行った。

かつてはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(いずれも当時)と同様に、団員を男性に限定していた。これは、音楽大学卒業者の女性比率が高い日本では異色であったが、現在は女性にも門戸を開いている。

2018年4月に川崎市麻生区の小田急多摩線黒川駅隣接地に建設した新練習場に1965年から使用していた同市多摩区にあった旧練習場から移転した。また、同年11月3日より麻生区の「しんゆり・芸術のまち」の活動の一環として、黒川駅の列車接近メロディや駅構内BGMに読響が演奏するクラシック音楽が用いられる

設立の経緯
1961年、読売新聞社の招聘によるパリ・オペラ座「カルメン」の来日公演が実現した。当時の外来オペラの来日公演は、主役級歌手と指
「読売日本交響楽団」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月26日(金) 12:23UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 読響名曲シリーズ

    昨夜は、GFの理沙とサントリー・ホールの読売日本交響楽団の名曲コンサートに行って来ました。 当初予定されていた指揮者のBトヴェイが病気で来日出来ず井上(ミッチー)道義氏が代役と成りました。 最初のラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番を聴くのは今年三度目、全編にわたってデヴィット・リーン監督のイギリス映画「逢びき」のBGMに効果的に使用されました、ソリストのリュカ・ドウバルグは15年のチャイコフスキー国際コンクールで優勝の呼び声が高かったが第4位と言う結果、但し唯一モスクワ音楽批評家協会特別賞を受賞した逸材でキビキビしたメリハリに満ちた演奏を展開しました。 メインのホルスト/組曲「惑星」は7曲からなる大曲で近代管弦楽曲の中でも最も人気のある楽曲、(当時は冥王星は未だ発見されていませんでした、地球を除く)、確かカラヤン/ウィーン・フィルのレコードが出てから急速に人気曲になったと記憶しています。 私はホルスト自身がロンドン交響楽団を指揮したCD、「惑星」のスペシャリスト、ボールトの指揮した数種のCDを所有しています。 ハープ2台、パイプオルガン、女性コーラスを配した4管編成の大オーケストラ曲です。久しぶりに聴く井上さんの指揮は指揮棒を使わず両手・身体を駆使したダイナミックな踊るような指揮振り、第1曲の「火星」から惑星の世界に引き込まれました。 第4曲の「土星~ジュピター」のメランコリックな旋律は「平原綾香」の歌にも使用されました。最終曲「海王星」では二階P席に配した女性コーラスも演奏に加わり消え入るように静かに終わりました。

    山下 亨(ラビ)
  • 読響みなとみらいホリデー名曲シリーズ

    ホルストの「惑星」を全部聴くことができるコンサートは、少ない。とても心地よい演奏でした。

    こでぶごん
  • 読響定期演奏会

    とても気になるプログラムでした。ハンガリー出身の指揮者がコダーイとバルトークを日本で披露する機会は逃したくなかったです。2曲ともハンガリーの民族的な音律とリズム、変化するテンポを取り入れた作品です。ガランタ舞曲はクラリネットのソロが大活躍の曲で、演奏後、指揮者のナナシ氏もソロを受け持った金子 平さんに拍手を送り、他の管楽器の人たちも金子さんの方を振り返り、その演奏を称えていました。また、この曲はオーケストラの躍動感と重なる音にまとまりを持たせるため、ティンパニに多彩な表情を要求する作品です。ティンパニストの岡田全弘さんはいつも本当に素晴らしいのですが、この日の繊細でダイナミックな演奏は信じられないくらい凄かったです。

    ピアノピクルス
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

読売日本交響楽団 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み