hy4_4yh(ハイパーヨーヨ) のチケット情報

お気に入り登録する
hy4_4yh
ハイパーヨーヨ(hy4_4yh)は、ユカリン(MCあたい。)とチャン・チャラ(MCチャン)からなる、2MCで構成される 日本のガールズ・ラップ・ユニットである。

メンバー

* ユカリン(MCあたい。)本名:中島由香利〈なかじま ゆかり〉、1月7日 -
*: ・マイクロフォンNo.1。
*: ・東京都出身。
*: ・愛称:「あたいちゃん」キャッチフレーズは豊島区の狂犬。
*: ・影響されているアーティスト:安室奈美恵・RHYMESTER・ザ・クロマニヨンズ・竹原ピストル・山下達郎・TLC・カーディ・B
*:

* チャン・チャラ(MCチャン)本名:坂越由実子〈さかごし ゆみこ〉)、3月22日 -
*: ・マイクロフォンNo.2。
*: ・東京都出身。
*: ・愛称は「ちゃんさん」キャッチフレーズは狂気の団地姫。
*: ・影響されているアーティスト:中島みゆき・RHYMESTER・KICK THE CAN CREW・湘南乃風・倉橋ヨエコ・竹原ピストル・松浦亜弥・Nicki Minaj

略歴
「OTOME⑤」時代

*女性ミュージカル集団「東京メッツ」解散後、同団体の中から選抜された古川英利子、yukarin、Chanyumi、Milano、Sadachiの5人により、2005年5月14日に1日限定のユニット「OTOME⑤」(おとめっこ)を結成。デビューした日に初ライブ、そして同日に解散。

「YO_OY」時代
*当初のOTOME⑤から古川英利子が脱退、代って今井仁美が加入し、翌2005年6月に本格的に「YO_OY」(ヨーヨ)として活動開始。由来は顔文字のピースサイン。
*2005年8月26日、初のアルバム「YO盤!」で自主盤デビュー。

「hy4_4yh」時代
*2006年、当初の「YO_OY(ヨーヨ)」から今井仁美が脱退し、4人組の美メロラップグループ「hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)」に改名した。
*2008年10月17日、Milanoが学業優先のため脱退した。
*2010年1月24日には石丸電気の社歌を歌うユニットとして別名義「いしまるっ子クラブ」としても活動開始。当時の秋葉原石丸電気にて初登場。同年9月26日にいしまるっ子クラブ名義のシングルCDが発売された。そして同年秋頃より同ユニット名義のオリジナル曲が作られた。2011年3月26日、本店閉店に伴
「Hy4_4yh」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月19日(月) 06:10UTC
公式サイト
公演レビュー
  • hy4_4yh

    本当に、ただただ楽しい時間を過ごせました。最高に楽しいライブで大、大、大満足です。 アトロクの忘年会ライブのオープニングを担当し、職場で一人、聞いていたときに、ライブあったら見に行こうと決めました。 タマフル時代はちょっと近寄りがたい印象がありましたが、RHYMESTERフェス「人間交差点」のオープニングアクト以降、アトロクでのライブがとにかく刺さる。宇多丸さんと同じく、ラップスキルもしっかりあって、かつ、ハイパーな元気感。それにもまして異常なほどのRHYMESTER&TBSラジオへのリスペクト。 タマフル⇒RHYMESTERからHIPHOPを聞き始めた人間にとっては、自分の好きなものを好き丸出しで表現する姿は非常に心地良し。 本当におじさん目線になって、親戚の姪っ子たちを応援する気分にさせてくれるアーティストです。 仕事の都合でKEN THE 390さんとの2マンや団地妻ズは見れなかったので、初ライブとなった代官山UNITですが、オープニングのDJから最高で、待ち時間を感じる事が一切なく、ノリノリで本編スタート迄引っ張っていってくれました。途中に入ったハイパヨネタも最高で、このままMIXCDにして欲しいと思ったほどでした。 本編セットリストも公開されましたが、RAPに限らず、二人とも歌が上手いし、それ以前に声が魅力的。RAPの魅力って最終的にはその声をいつまでも聴いていたいと思わせるところだと考えますが、この二人の声はほんとに魅力にあふれています。 オートチューンで何を言っているのか分からないRAPも流行っていますが、ふたりの言葉は聴きやすく、大好きです。 今後の予定として、8月に箱を抑えたが、何を見たいか聞かれ、その場では初参戦という事で、ワンマンに手をあげましたが、こんな最高のグループをもっと世間に広く認識して欲しいと思ったので、 ・2マンならSCOOBIE DOと共演、RHYMESTERとのコラボ曲を共演する姿が見たい。組合せの相性もバッチりでしょう。 ・多人数ならハイパヨフェス。出てくれるかは別として、青春J-RAPのカバー元を集め、カバー元のお客様にハイパヨちゃんを知ってもらう なんて感じで、これからも参加できる限りはライブ見にいこうと思いました。 ほんと良いグループなので、もっとブレイクして欲しいと切に思います。

    みつりん
  • RHYMESTER Presents 野外音楽フェスティバル 人間交差点 2018

    毎年参加しているが今年が1番良かった。 主催者であるライムスターは、音楽、ファン、仲間であるアーティスト達に愛を持って接していると思う。その行いが実を結んだ公演だったと思う。ライムスターと出演アーティスト、アーティストとファンがそれぞれ相思相愛であり、とてもポジティブで愛に溢れた公演だった。つくづく、ライムスターのファンで良かった。 そんなライムスターが選び、出演者したアーティスト達のライブは、どれもこれも最高だった。

    やまぶきいろ
  • SENDAI OTO Festival 2016

    チケットを公演数日前からただで配り、タイムテーブルは当日発表(時間は明記なし)。その上、最初の出演者が出てきたのは開園時間前。オープニングアクトならその旨あらかじめハッキリさせておくべき。出演者には問題ないが、返金要求したいレベルの酷いイベントでした。

    山田けんじ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

hy4_4yh のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み